商標とは何かを、プロが徹底解説

商標とは何かを、初めての方でも簡単に分かるように商標のプロが明快に解説します。商標は自己と他人との商品等を識別するために用いる識別標識のことをいいます。特定の商品・役務の中から自己の商品等を選び出すことができなければ、それは商標とはいえないのです。

索引

商標とは何ですか?

商標(しょうひょう)とは、事業者が扱う商品や役務について、自らが扱う商品・役務を、他人が扱う商品・役務から区別するために使用される識別標識のことをいいます。

同種類の商品・役務の中に、自己のものと他人のものが混在しているときに、自己の商品・役務を選び出す目印になるものが商標です。

例えば、お米が入った同じ大きさのポリ袋が大量に積み上げられていた、とします。

ポリ袋入りのお米を見ても、需要者はどれが好みのお米で、どれが苦手なお米なのかを区別することができません。

そのお米のポリ袋に、「コシヒカリ」とか「ユメピリカ」と表示してあれば、その米の産地や品質、味や食感までを理解することができます。

実際、お米のポリ袋の「コシヒカリ」等の標識を手がかりに需要者は商品等を他の商品から区別して選択することができます。

同じような商品等が大量にある中から、需要者が本当に欲しいものたった一つの商品等を選び出すことができる手がかりになる標識、これこそが商標です。

商品等に商標が表記されていないと、消費者はどの商品等を選択してよいか分かりません。どれを選んでよいかの判断基準がないからです。

ところが商品等に商標が貼られていると、その商標を手がかりにして商品等の産地、品質等を一撃で理解することができます。

このように、どの商品・役務を選ぶかの手がかりとなるのが商標です。

適切な商標を付けると、爆発的に売れ行きがヒットする場合があります。商標の選び方一つで売れ行きが決まってしまうことがあるのです。

素敵な商標を付けて売上が伸びたとしても、それを商標権で保護していないと他の業者がアリのようにたかってきて、売上を食いちぎられてしまいます。そしてこちらに来てれるはずだったお客さまを他の業者に横取りされてしまいます。

ですので、イ)「適切な商標を選ぶ」ことと、ロ)「その商標を商標権で保護して他の業者が手出しできないようにする」ことが、非常に重要です。

商標に要求されるものは何ですか?

商標法の保護を受けるためには、商標は次の要素を備えている必要があります。

1)標章であること

標章とは、文字、図形、記号、色彩等やこれらの組み合わせ等をいいます。標章は平面的なものに限定されず、立体的形状も含まれます。さらにはホログラム、音も標章に含まれます。

また標章は、人間が認識できるものである必要もあります。

「商標」の概念以外に「標章」の概念が導入されているのには理由があります。

文字や図形等の商標の構成要素のことを「商標」と表現すると、文字や図形等「そのもの」のことを「商標」といっているのか、文字や図形等「以外の要素を備えたもの」を「商標」といっているのか分からなくなるからです。

「商標」は文字・図形等の「標章」以外に、以下の構成要素を含みますので、論理構成上の観点から「商標」と「標章」との言葉は使い分けられています。

2)事業に使用されること

そもそも商標法は、事業者間の商品表示等を調整することを前提に組み立てられています。

ですので事業として商標を使用していない場合には商標権侵害の問題は起こりません。

会話の中で商標が出てくる場合や、友達同士でやりとりするラインとかメールの本文に商標の言及があったとしても、これは事業としての商標の使用には該当しませんので、警察に商標法違反として逮捕されることはありえないです。

ただし個人の使用といっても、オークションなどに繰り返し出品している場合には、個人事業を行っているのと変わりません。このため個人間オークションであっても商標権侵害の事実があれば、警察により逮捕されることもありえます。

2)商品や役務に使用されること

事業者が商品や役務に使用することが必要です。このため商標権を得るためには、商標を使用する商品や役務を指定する必要があります。

使用する予定が全くない商品等についての商標については、仮に商標権が得られたとしても、商標登録が取り消されてしまう場合があります。

特許庁の審査に合格できる商標とは?

特許庁の審査に合格できる商標には条件があります。次に特許庁の要求する合格ラインの代表例を示します。

1)商品や役務についての説明語句でないこと

商品や役務の名称そのものや、商品や役務そのものを説明する語句は特許庁の審査で弾かれてしまいます。

例えば、商品「果物」に商標「みかん」とか、商品「電子機械類」に商標「パソコン」、役務「整体」に商標「マッサージ」等の文字だけの商標は特許庁の審査に合格できないです。

ただし、文字以外に図形やマーク等を追加した場合には、図形等を含む文字はもはや商品等そのものの一般名称とはいえなくなることから、審査に合格できる場合があります。

また商品「菓子」に商標「手作りスイーツ」とか、役務「宿泊施設の提供」に商標「格安ホテル」等のように、全体として商品等を説明する語句に過ぎない場合には審査に合格することができません。

2)他人の商標権と抵触しないこと

他人の商標権に抵触する内容の商標登録出願は特許庁の審査に合格することができません。当事者の合意がないのに、同じ範囲に二重に権利を設定すると社会的混乱が生じるからです。

他人の商標権に抵触する場合とは、(イ)商標が先行登録商標と同一か似ていること、(ロ)出願の際に指定する商品・役務が、先行登録商標の商品・役務と同一か似ていること、の(イ)と(ロ)の両方を満たすことが必要です。

3)実際に商品や役務について使用をする商標であること

使用をするつもりがない商品や役務について、あれもこれもと商標権の権利申請をすると、審査官から本当にそんなに広範囲に使用するのかどうか、確認されることがあります。

特許庁の審査官に、権利申請した商品や役務については使用するつもりがある、ということを納得してもらえないと審査に合格できないので注意が必要です。

以上の三つが実務上、特許庁の審査官から指摘されることがある代表例です。これら以外にも法律上数多くの要求事項があり、これら全てをクリアしてはじめて、審査に合格することができます。

ファーイースト国際特許事務所

平野泰弘所長弁理士