先生!どんな時に並行輸入が商標権侵害になるのですか
商標権

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.まずはじめに

商標権者は指定商品又は役務に登録商標を使用する権利を独占します。また、登録商標と同じ商標が付された商品を国内に輸入したり、輸入した商品を販売したりする行為は、商標の使用に該当します。 続きを読む: “先生!どんな時に並行輸入が商標権侵害になるのですか”

先生、商標ってどういうときに類似になるんですか?
商標登録の検索と調査

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.はじめに

争われた内容は「大森林」と「木林森」が類似するか否かです。第一審、第二審、はいずれも商標が非類似であると判断しています。 続きを読む: “先生、商標ってどういうときに類似になるんですか?”

先生、マンションは商品で合ってますよね?
商標登録の区分

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.はじめに

商標権の効力は、商標と指定する商品またはサービスによって決まるため、指定商品またはサービスは出願時に願書に記載することが求められます。それと同時に、指定商品またはサービスは特許庁の定める区分に従い、明確に記載することが求められます。 続きを読む: “先生、マンションは商品で合ってますよね?”

先生!先に商標登録されてました。
商標登録の話題

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.先使用による商標の使用をする権利

商標権者は指定商品またはサービスに登録された商標を独占的に使用することが認められ、権利を侵害する者に対しては差止請求や、損害賠償請求が認められます。 続きを読む: “先生!先に商標登録されてました。”