商標登録で何が得られるのか?弁理士弁護士が徹底解説
ファーイーストならどうするの?

索引

初めに

特許庁に商売で使うネーミング、ロゴ、キャラクター等の商標を登録して何が得られるかは分かりにくいです。商標権は独占権と言われますが、その独占権が自分の業務との関係でどのように働くかをイメージしにくいと思います。今回は弁理士・弁護士の商標のプロフェッショナルが分かりやすく解説します。 続きを読む: “商標登録で何が得られるのか?弁理士弁護士が徹底解説”

なぜ商標登録出願の商品や役務の選択に失敗するのか
ファーイーストならどうするの?

索引

初めに

特許庁に提出する商標登録出願の書類を作成するときに、商品や役務の選択に失敗する方がいます。今日も願書に記載する指定商品・指定役務を狭く絞り込むようにあるお客さまから指示がありました。この方は商品や役務の範囲を狭くすれば、費用も安く、かつ、審査にも合格しやすいと考えていることが分かります。しかし、これは実は正しくないのです。 続きを読む: “なぜ商標登録出願の商品や役務の選択に失敗するのか”

充実した商標権とすかすかの商標権との違いは何か
ファーイーストならどうするの?

索引

初めに

最近は商標権の権利範囲が狭い申請が激増しています。ひな形への機械的あてはめ処理の商標出願が増えたためと私個人はにらんでいます。商標権の権利範囲の広さは、同じ値段で取得した場合でも広い場合と狭い場合があります。権利内容が充実した商標権と、すかすかの商標権との違いを分かりやすく説明します。 続きを読む: “充実した商標権とすかすかの商標権との違いは何か”

2020年度の商標登録のトレンドは?
ファーイーストならどうするの?

索引

初めに

現在新型コロナウイルスの影響で、商業環境も大きく変化しつつあります。昨年2020年度に商標登録された事例を調べてみると、以前に比べて中身がスカスカになっている様に感じます。今回は商標権の取得状況について近年何が生じているのか調べてみました。 続きを読む: “2020年度の商標登録のトレンドは?”

新型コロナウイルス感染拡大に伴う商標手続の救済措置
商標登録を特許庁で

索引

初めに

現時点で東京都をはじめとする都道府県の一部に新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令され、日常業務に影響が出ています。コロナウイルス関連の特許庁救済措置についてまとめましたので参考にしてください。またコロナの影響を受けている方に、改めてお見舞いを申し上げます。感染拡大防止に十分に気をつけ、これ以上の事態悪化を食い止めていきましょう。 続きを読む: “新型コロナウイルス感染拡大に伴う商標手続の救済措置”