知的財産権を侵害しても、司法取引で刑は軽くなりますか?
裁判

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.協議・合意制度(司法取引)の施行

2016年に、新時代の刑事司法制度を実現するため、刑事訴訟法等が改正されました。

改正項目は多岐にわたるところ、組織的な犯罪に対処するため、協議・合意制度(いわゆる「司法取引」)が導入された点が大きな特徴です。

組織的な犯罪に適切に対処するには、末端の行為者を処罰するだけでは不十分であり、首謀者を処罰することが必要です。 続きを読む: “知的財産権を侵害しても、司法取引で刑は軽くなりますか?”

商標権と著作権-著作権の処理は終わっていますか?
商標権著作権

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.商標権と著作権

文字だけが商標として登録を受けることができるものではありません。

図形等を含む商標も登録を受けることが可能であり、例えば、以下のように、アニメーションのキャラクターを含む態様で商標登録を受けている例も多く見受けられます。 続きを読む: “商標権と著作権-著作権の処理は終わっていますか?”

商号は登記すれば保護されますか?
ファーイーストならどうするの?

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.旧商法の規定

会社を起ち上げるとき、商号を決めます。

商号は、商人の名称であり、営業に関し自己を表すために用いるものです。

日常用語からすると若干違和感があるかもしれませんが、会社も、法律上、商人です。

会社は商号を定め、商号を用いて自己を表します。

会社は登記により設立され、商号も登記事項とされています。

商号は使い続けることにより、営業上の信用が化体するものであり、商号に関し、会社は経済的利害を有します。 続きを読む: “商号は登記すれば保護されますか?”

未登録でも商標は保護されますか?
商標

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.商標は速やかに出願する

商標は、自己の商品等を他者の商品等から区別させるものであり、自己の商品等の目印になるものです。 続きを読む: “未登録でも商標は保護されますか?”

営業誹謗行為‐警告先には要注意
裁判

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.特許権などの侵害と警告書の送付等

特許発明や登録商標などは、その権利者に独占的な利用が認められています。第三者が無断で特許発明や登録商標を利用したとき、第三者には特許権や商標権の侵害が成立し得ます。 続きを読む: “営業誹謗行為‐警告先には要注意!”