営業誹謗行為‐警告先には要注意
裁判

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.特許権などの侵害と警告書の送付等

特許発明や登録商標などは、その権利者に独占的な利用が認められています。第三者が無断で特許発明や登録商標を利用したとき、第三者には特許権や商標権の侵害が成立し得ます。 続きを読む: “営業誹謗行為‐警告先には要注意!”

無効審決‐ロイヤルティは返してもらえますか?
商標権

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.特許等は無効となり得ること

産業財産権(特許権、実用新案権、意匠権及び商標権)は、審査を経て、設定の登録の後、発生する権利です。

例えば、特許権に関しては、発明が新規性や進歩性などの登録要件を備えているかが審査され、新規性や進歩性などを欠くと認められなければ、特許査定がなされます。

商標権に関しても、出願商標が登録要件を備えているかが審査され、登録事由に関して欠けるところがないと認められれば、登録査定がなされます。

続きを読む: “無効審決‐ロイヤルティは返してもらえますか?”

商標の類否は誰が判断するのですか?
商標登録を特許庁で

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.先行商標に類似するとして拒絶された商標

商標登録出願を行うと、特許庁の審査官の審査に付されます。商標法は商標登録ができない事由を定めているところ、出願商標がこの事由に該当しなければ、商標登録が為されます。

商標登録ができない事由があると審査官が考えれば、その理由を説明します。

反論の機会が出願人に与えられますが、反論が容れられなければ、拒絶査定が発せられます。 続きを読む: “商標の類否は誰が判断するのですか?”

損害論-損害の立証は難しい
裁判

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.損害の内容

 登録商標は商標権者が指定商品につき独占的に使用できるものです。

商標権者が独占的に使用できる登録商標は、商標権者の供給する商品であることを示すものであり、営業上の信用が蓄積されます。

商標権者の営業上の信用が蓄積された登録商標が第三者により無断で使用された場合、商標権者は第三者の無断使用の中止に加え損害の賠償を求めたいと考えるでしょう。 続きを読む: “損害論-損害の立証は難しい”

商標権侵害に対するライセンシーの関与
契約

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.ライセンス契約に係る特許権が侵害された場合

 発明や商標などの知的財産の保有者は、第三者との間において、ライセンス契約を結んだ上、知的財産を第三者に利用(実施)させることができます。知的財産が発明であり特許であれば、ライセンサーは一般的に特許権者です。
続きを読む: “ライセンシーは侵害を止めさせられますか?”