先生!なんで商標権は登録によって発生するの
商標権

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.登録主義

答えは権利の安定性のためです。

商標権は侵害したものに対して、差止請求(36条)や損害賠償請求(民法709条)が可能であり、また最悪の場合、刑事罰の適用もある(78条等)極めて強力な権利です。

つまり、誰が、何時、どのような商標を、何を指定して登録したのかはあらかじめ登録して、その登録内容を公示しておくことが望ましいとの立場を日本の商標法は採用しました。

このような法制度を「登録主義」と呼びます。 続きを読む: “先生!なんで商標権は登録によって発生するの?”

営業誹謗行為‐警告先には要注意
裁判

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.特許権などの侵害と警告書の送付等

特許発明や登録商標などは、その権利者に独占的な利用が認められています。第三者が無断で特許発明や登録商標を利用したとき、第三者には特許権や商標権の侵害が成立し得ます。 続きを読む: “営業誹謗行為‐警告先には要注意!”

商標「遠山の金さん」事件
商標

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.「遠山の金さん」は登録商標です。

続きを読む: “商標「遠山の金さん」事件:「遠山の金さん」は「遠山金四郎」とは違います。”

先生助けて!拒絶理由通知が送られてきました。これって何ですか?(2)
商標登録を特許庁で

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.ますはじめに

「当該商標登録出願の日前の商標登録出願に係る他人の登録商標又はこれに類似する商標であつて、その商標登録に係る指定商品若しくは指定役務(第六条第一項(第六十八条第一項において準用する場合を含む。)の規定により指定した商品又は役務をいう。以下同じ。)又はこれらに類似する商品若しくは役務について使用をするもの」
(4条第1項11号)

拒絶理由の王様(?)であって、言わずと知れた登録商標と商標登録出願とを調整するための規定ですね。

本号の拒絶理由が適用されるためにのポイントは3つあります。 続きを読む: “先生助けて!拒絶理由通知が送られてきました。これって何ですか?(2)”