新型コロナウイルス感染拡大に伴う商標手続の救済措置
商標登録を特許庁で

索引

初めに

現時点で東京都をはじめとする都道府県の一部に新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令され、日常業務に影響が出ています。コロナウイルス関連の特許庁救済措置についてまとめましたので参考にしてください。またコロナの影響を受けている方に、改めてお見舞いを申し上げます。感染拡大防止に十分に気をつけ、これ以上の事態悪化を食い止めていきましょう。 続きを読む: “新型コロナウイルス感染拡大に伴う商標手続の救済措置”

商標を肩書きとして登録するにはどうしたらよいか
商標登録の話題

索引

初めに

業務とか営業に使っているユニークな肩書きを商標登録する場合のチェックポイントについて説明します。一般に商標登録の対象となる商品・役務は自分のものではなく、他人に販売提供するものが対象となりますが、うまく権利化する方法があります。
続きを読む: “商標を肩書きとして登録するにはどうしたらよいか”

店舗表示として登録したい
商標登録を特許庁で

索引

初めに

商標を特許庁に登録すれば、その商標を使用できるのは商標権者だけになります。店舗名を他人に使われること困るので、店舗名だけを登録する際の注意点について説明します。
続きを読む: “店舗名として商標を登録する際の注意点とは?”

商標の書類押印はどうなるのか?
商標登録の話題

(1)商標の書類に押印は必要か?

商標の書類には押印が要るものと要らないものがあります

2020年のコロナウイルス対策の一環として、対面での業務を避ける在宅ワークが推奨されています。従来の日本型業務ですと稟議と呼ばれる一連の承認手続にハンコにより押印するのが商習慣となっていました。2020年以降はこの習慣の見直しが図られます。 続きを読む: “商標の書類押印はどうなるのか?”

イノベーションを惹き起こすにはどうしたらいいですか
弁護士

1.オープンイノベーションの推進に向けて

続きを読む: “イノベーションを惹き起こすにはどうしたらいいですか”