出願商標が他社の商標権と衝突した際の回避方法とは?
商標登録を特許庁で

索引

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

(1)他人の商標権と出願商標の内容が衝突している場合とは?

出願商標と他社の登録商標との関係

商標権は独占権であり、同一の商標権については、その商標権の権利者として認められた人だけが権利を保有することができます。 続きを読む: “出願商標が他社の商標権と衝突した際の回避方法とは?”

商標権の侵害訴訟に要する費用について教えてください
商標権取得後

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.はじめに

商標権侵害による実害が看過しえない場合、商標権侵害の紛争解決の手段として、民事訴訟が選択肢となります。 続きを読む: “商標権の侵害訴訟に要する費用について教えてください”

特許庁の判断を裁判所で争うことはできますか?
商標権取得後

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.特許庁の判断に不服がある場合

特許庁は産業財産に関する事務を取り扱い、特許庁の業務には産業財産権に関する審査や審判が含まれます。 続きを読む: “特許庁の判断を裁判所で争うことはできますか?”

登録後、速やかに抹消されることも‐異議申立て
商標権取得後

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.過誤登録

商標登録出願は、特許庁の審査官が審査します。審査の結果、拒絶理由がなければ、審査官は登録の査定をし、登録料を出願人が納付することにより、商標は登録されます。 続きを読む: “登録後、速やかに抹消されることも‐商標異議申立て”