商標登録は連名でできますか?
商標登録を特許庁で

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

(1)連名で登録してみましょう

商標登録の出願人や権利者は、個人一人または会社一社でだけでなく、何人か、何社かの連名でも行うことができます。 続きを読む: “商標を連名で登録できますか?”

商標の審判とは何ですか?
商標

索引

(1)商標の審判って、何なの?

商標出願の結果は審査段階で終わりになるが

商標の願書を整えて特許庁に提出すると特許庁で審査が始まる。審査を何事もなく通過すれば商標権が得られる。逆に審査ではねられると拒絶査定となる。 続きを読む: “商標の審判とは何ですか?審判の種類・内容は?”

業務を指定しないで会社名を商標登録できるか
商標登録の話題

ⅰ まずはじめに

商標法によると、商標権の効力は願書に記載された〈商標〉と指定商品又は役務の欄に記載された具体的な〈商品又はサービス〉によって決定されます。また、商標権による保護を受けるためには、特許庁に願書を提出して審査を通過し、登録時の印紙代を納付して登録処分を受ける必要があります。 続きを読む: “業務を指定しないで会社名を商標登録できますか?”

独占禁止法との関係で、知的財産契約は何に留意すべきか
契約

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.独占禁止法

(1)はじめに

 「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」(以下「独占禁止法」又は「独禁法」といいます。)は、「公正且つ自由な競争を促進」を目的とする法律です(独禁法1条)。独占禁止法は、事業者の様々な行為を規制し、市場における独占を抑制しようとするものです。知的財産契約との関係で主な規制対象としては、以下の(2)〜(4)が挙げられます。 続きを読む: “知的財産契約は、独占禁止法との関係で何に留意すべきですか?”

印鑑は特許庁でどう扱われるか
商標登録を特許庁で

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

押印した書面を提出すると、それが特許庁であなたの印鑑として登録されます。でも、何年も前の願書に押した印鑑なんて忘れてしまうこともありますよね?(いや、できれば忘れずにいてほしいのですが…。)そこで今回は特許庁における印鑑(特に会社の印鑑)の取扱いについてお話ししましょう。 続きを読む: “印鑑は特許庁でどう扱われますか?”