ブランド構築は商標登録から

ブランドを保護する手段として商標登録により発生する商標権は強い味方になります。反面、自分のブランドを商標権により適切に保護していない場合には、たとえ他人の商標権の存在を知らない場合でも権利行使を免れ得ない場合があります。

ブランドの大切さは多くの方に理解されていますが、具体的にブランドを守るためにはどうしたらよいか、悩んでいませんか。

ブランドを守る方法の有力な方法が商標登録です。

特許庁に商標登録出願手続きを行うことにより商標登録を受けることができます。

商標権によりブランドを保護せず、店舗展開を図るのは非常に危険です。

他人の商標権を侵害していることに気が付かずブランド展開を図るのは、他人の土地に勝手に家を建てるのと同じことです。

いつかは出ていくように言われます。

場合によっては過去の使用分を支払うようにも言われます。

あなたが一所懸命育て挙げたブランドであるにもかかわらず、です。

現在使用しているブランドが他人の商標権を侵害するものであることを全く知らない場合であっても、他人の商標権を侵害しているならその他人からの差止請求を止めることは事実上困難です。

知らないことが言い訳にならない。
商標権の怖いところです。

ファーイースト国際特許事務所
所長弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247

よく読まれている記事

2 comments

  • 平野先生の例えは本当に一般人にも理解しやすく、漠然としていた商標の登録というものが、いかに大切かそしていかに将来の為に早期の登録が功を奏するかがよくわかります。
    後悔先に立たずですね。

  • 福岡さんこんにちは。このサイトの管理人の平野です。コメントありがとうございました。
    私はできるだけ多くの方に分かりやすくブランドの価値や構築方法を伝えていきたいと考えています。
    福岡さんのコメントは本当に嬉しいです♪
    冷や酒と親の意見と弁理士の意見は後で効く、とか。

議論に参加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です