商標登録の手続きは、自分でもできますか?出願から登録までの流れ

商標登録をしようと考えたとき、具体的にどんな手続きが必要か疑問に思ったことはないでしょうか?特許庁に出願して登録が完了するまでには、いくつかの段階があります。これらの手続きはご自身で行うことも可能ですし、特許事務所に依頼することもできます。いずれの場合も、以下の手順にそって進めていきます。

索引

(1)商標の決定と区分の選定を

商標の決定と区分の選定を商標の登録をするに当たって、文字だけか、ロゴか、もしくはマークや記号、図形と組み合わせたものかなど、細部まで考えておく必要があります。

出願した商標は追加や訂正はできず、改めて出願し直すことになるため、しっかり考えておかなければなりません。

またこのとき、申請する商標が特許庁の区分けした45の区分のどれにあたるのかについても決定しておきます。

これは指定商品区分(第1類〜第34類)と、指定役務(サービス)区分(第35類〜第45類)からなり、実際に商標をどんな商品やサービスに使うのかを明確にします。

このとき、業務に沿った区分を過不足なく登録することが重要です。

(2)事前調査は欠かせません

商標登録の申請に先立ち、すでに登録済みの商標がないか調べることが重要です。

これは独立行政法人工業所有権情報・研修館の運営する下記のHPで検索できます。

   特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)
   https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

商標は同じものやよく似たものが申請された場合は、先に特許庁に申請したほうが優先されます。

もし考えていた商標がすでに登録されていた場合には、出願しても合格は不可能です。手続きにかけた時間や費用が無駄になってしまうため、必ず事前の調査を行いましょう。

(3)願書はどのように記入を?

願書を作成し、出願するには、書面手続きとオンライン手続きによる2つの方法があります。

(3−1)書面手続きの場合

書面でつくった場合は、電子化するための手数料がかかります。

   出願件数1件につき、
   1,200円+(700円×枚数)です。

後日、一般財団法人工業所有権電子情報化センターから振込用紙が届きます。

〈様式や注意点〉

願書の様式や注意点については、特許庁のHPに詳細が記されています。

   特許庁 「出願の手続き」から(第五章「商標登録出願の手続」)

ただすべてを網羅しているため、分量も多く、少し難しく感じるかもしれませんので、以下の項目について簡単にご説明します。

〈1〉【特許印紙】

用紙の左上に特許印紙を貼りつけます。そして、その下に金額を記します。

〈2〉【書類名】

「商標登録願」としてください。

〈3〉【整理番号】

申請者が管理するための番号です。全角のローマ字(大文字のみ)、数字、ハイフンを使い、10文字以内で考えてください。不要であればつけなくても問題ありません。

〈4〉【提出日】

郵送する場合は投函日を、特許庁に直接提出する場合は持参日を記します。

〈5〉【あて先】

「特許庁長官 殿 」としてください。

〈6〉【商標登録を受けようとする商標】

商標の見本になります。記載欄の大きさは8センチメートル平方となり、必要な場合は15センチメートル平方まで広げられます。

〈7〉【指定商品又は指定役務並びに商品及び役務の区分】

  • 【第 類】
    商標の区分を記入します。
  • 【指定商品(指定役務)】 
    商標の内容の詳細について、ここに記します。

〈8〉【商標登録出願人】

  • 【識別番号】
    過去に出願経験があれば、発行された識別番号を記します。初めての出願などで記載する番号がない場合は、この欄は不要です。
  • 【住所又は居所】
    個人の場合は住民票の住所を、法人の場合は登記されたものを記載します。
  • 【住所又は居所】
    個人の場合は住民票の住所を、法人の場合は登記されたものを記載します。
  • 【氏名又は名称】
    個人では氏名法、人では会社名となります。正式名称での申請となり、ビジネスネームは使用できません。
  • 【代表者】
    法人は代表取締役となり、個人では記載の必要はありません。
  • (印鑑または識別ラベル)
    法人では代表者印、個人では名字のわかる印鑑を使います。識別ラベルで印鑑を省略する場合は、法人は代表者の横、個人は【氏名又は名称】の横に貼付します。
  • 【国籍】
    外国人の場合は記入します。

〈9〉【手数料の表示】

  • 【予納台帳番号】
    ここには予納台帳の番号を記します。
  • 【納付金額】
    納める金額を円やカンマを付けずに、数字のみで記入します。

(3−2)オンライン手続きの場合

電子証明書を購入することや「インターネット出願ソフト」のインストールを完了しておくこと、申請人利用登録を済ませておくことなど、事前の準備が必須となります。

出願ソフトについては、「電子出願ソフトサポートサイト」からダウンロードしてください。その上で、申請書類をつくります。

(4)出願の方法とは?

出願には手数料がかかり、特許印紙か現金で納付します。

   出願手数料:3,400円+8,600円×(区分数) となります。

特許印紙は郵便局か特許庁で購入できます。ただ収入印紙とは異なり、取り扱っていない郵便局もあるため、購入前には確認が必要です。

特許印紙を用意できたら、申請書類の左上に貼付します。

(4−1)書面手続きの場合

願書を作成した後は、郵送か持参によって特許庁に提出します。

 (郵送先)
  〒100-8915 東京都千代田区霞が関3丁目4番3号
  特許庁長官 宛

封筒の表に「商標登録願 在中」と記します。

書留で発送すると、発送日の記録や出願の事実が残るため安全です。

 (持参先)
  住所:東京都千代田区霞が関3丁目4番3号(上記郵送先と同様)
  特許庁審査業務部 出願課(1階)受理担当

(4−2)オンライン手続きの場合

出願ソフトで申請書類を作成した後、特許庁宛てに送信します。

(5)商標の審査が行われます

特許庁での願書の受理後、商標登録出願番号が付けられ、出願番号通知書が送付されます。これ以降の手続きはこの番号で行われるため、大切に保管しておきましょう。

そして特許庁では、順番に審査が行われていきます。現在、出願数は年間10万件以上とされており、結果が出るまでには数カ月から半年ほどの時間を要します。

この審査で登録してもよいと判断された場合には、登録査定書が送られてきます。

(6)いよいよ、登録の手続きです

商標権を発生させるためには、登録査定を通ってから30日以内に商標登録料を納入します。

登録料は、一括納付(10年分)と前期・後期に分けた分割納付(5年ごと)があり、それぞれの料金は下記の通りです。

  • 一括納付 区分数×28,200円(10年分)
  • 分割納付 区分数×16,400円(前期・後期5年ごと)

登録料を納めてからひと月ほど経つと、商標登録証が届きます。商標権が発生した日とは、ここに明記された登録日となります。

(7)更新が必要となります

原則として、商標権の権利が続くのは登録日から10年となっています。
分割納付の際は、所定の期間内に残りの登録料(5年分)を納付することで、10年の権利を得ることができます。

そしてこの10年の存続期限を延長するためには、更新手続きを行うことが必要です。これを忘れてしまうと、せっかく取った権利が失効してしまいます。

期限が近づいた頃、特許庁から更新の連絡が来ることはありません。自分自身でしっかり管理をしておくことが重要です。

商標権は何度でも更新することが可能なため、永続的に権利を存続させることができます。

(8)自分自身で? 特許事務所に?

商標登録の出願手続きをすべて自分で行う場合も、専門家のいる特許事務所に依頼する場合も、それぞれの長所と短所があります。

それらを確認した上で、どちらを選択した方がいいのか、ご自身の状況に合った方法を選択してください。

(8−1)自分自身で手続きを行う場合

この方法のよい点は、何よりも費用が安くすむということです。特許事務所に手数料を払う必要がないため、特許庁に支払う印紙代だけで申請が可能です。
さらに自分自身で行うことで、商標登録についての理解を深めることもできるでしょう。

ただ、初めて商標登録の手続きを行う場合は、必要なことをすべてゼロから調べなければなりません。まず商標とはどういったものなのかを知り、取りこぼしや余分なものまで申請する可能性がある区分の選定には、特に注意を払わなければいけません。

その後、願書を作成し、特許庁へ提出するという一連の手続きを正しく行うためには、多くの労力を必要とします。慣れないことのためどうしても時間もかかってしまうでしょう。

(8−2)特許事務所に依頼する場合

専門家である弁理士が手続きに当たるため、難しいケースであったとしても対応が可能になることがよい点です。

特に上記でもふれた区分を的確に判断することや、特許庁の審査を通らなかったときに意見書・補正書を提出して拒絶された理由を解消するよう努める際には、これまでの経験が生かされます。

ただ、特許事務所に依頼した場合には、どうしても数万円単位の費用がかかってしまいます。商標登録までのいくつかの段階(出願時、審査対応時、登録時など)で、手数料が必要とされます。

現在は数多くの特許事務所があり、それぞれの料金設定があります。それらを調べた上で、検討してみてください。

(9)まとめ

いかがでしたか?

商標を登録するまでには、少し長い行程が必要になります。それらを理解し、ご自身に合った方法を選択することが大切です。

ファーイースト国際特許事務所
所長弁理士 平野 泰弘
03-6667-0247

よく読まれている記事

議論に参加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です