商標権の価値

多くの物の価値は購入するときが最大で、購入後はその価値は下がります。でも例外があります。それは無体財産です。例えば、商標登録のための費用は気になるところですが、この費用は商標権の最大価値を表すものでは決してありません。例えば、読売巨人軍の商標権、ユニクロの商標権、鹿島アントラーズの商標権を想像してみて下さい。これらの商標登録だけなら、私の事務所であなたの商標登録と同じ値段で行うことができます。

多くの物の価値は購入するときが最大で、購入後はその価値は下がります。

例えば、テレビ、冷蔵庫、パソコン、ビデオ、DVD録画再生機、自動車、マンション等の有体財産は購入後、その価値が減少します。

もちろん価値が上がるものもありますがどちらかといえば例外的です。

もし購入した後に価値が上がるものばかりですと、購入すればするほど豊かになることができます。

けれども何かを購入しても価値の面ではそれほど豊かになれないのが実情です。

(他人に自慢できるという面なら有利になるかも知れませんが・・)

でも例外があります。それは無体財産です。

一つの特許権に数百億円の価値が認められる瞬間もあるのです。

商標登録のための費用は気になるところですが、この費用は商標権の最大価値を表すものでは決してありません。

例えば、読売巨人軍の商標権、ユニクロの商標権、鹿島アントラーズの商標権を想像してみて下さい。

これらの商標登録だけなら、私の事務所であなたの商標登録と同じ値段で行うことができます。

けれども、10万円や20万円を持って鹿島アントラーズの商標権を売って下さい、とお願いに行っても確実に門前払いをくらうと思います。

あなたと私とで現金で1億円を準備して交渉したとしても同じ結果になると思います。

(ちなみに読売巨人軍の商標権を売ってくれるなら私なら現金で1億円を準備したってよいです)

ブランドを育てるところに力を注げば商標権の価値は上がります。

そしてその商標権の価値は取得したときの価値を遙かに凌駕すると思います。

日常生活ではテレビや自動車などの有体財産を扱うことが多く、無体財産を扱うことが少ないため将来の価値が上がること自体分かりにくいですが、ブランドの価値は取得価格で決まることはありません。

商標登録するかどうか迷われているくらいなら、さっさと取得してその商標のブランドを育てることに注力した方が遙かに豊かになることができます。

ファーイースト国際特許事務所
弁理士 平野 泰弘
03-6667-0247

よく読まれている記事

議論に参加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です