商標権の権利範囲

登録商標は商標権の権利範囲の中心を定めるものですから慎重に選択する必要があります。例えば、「大阪ユニバースホテル」という商標を登録したとします。この場合では東京ユニバースホテルは商標権の権利範囲に入るのか、とか名古屋ユニバースホテルは権利範囲に入るのか、といった点が問題になります。

登録商標は商標権の権利範囲の中心を定めるものです。

ですからこの登録商標に何を据えるのかは非常に重要です。

例えば、「大阪ユニバースホテル」という商標を登録したとします。

この場合では東京ユニバースホテルは商標権の権利範囲に入るのか、とか名古屋ユニバースホテルは権利範囲に入るのか、といった点が問題になります。

大阪というのは単に地名を表すに過ぎないからユニバースホテルが商標の重要なポイントであり、大阪の替わりにどんな地名を付けても商標権の権利範囲である、と主張する人もいるでしょうし、逆に、大阪という限定を自らしておいて、後になってから大阪は権利範囲を考えるときに考慮しなくてよいというのはおかしい、と主張する人もいるでしょう。

この場合は「大阪」というのは実は権利化する際に余計な要素であったのではないか、と考えることもできます。どのような商標を登録するのがもっともよいかを事前に良く検討することが必要です。

権利範囲の面から考えると「ホテル」が一番広く、次に「ユニバースホテル」広く、「大阪ユニバースホテル」が一番狭くなります。

あれもこれもと商標にいろいろなものを詰め込むと、その分権利範囲が狭くなる傾向がある点に注意が必要です。

よく読まれている記事

議論に参加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です