独占禁止法との関係で、知的財産契約は何に留意すべきか
契約

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.独占禁止法

(1)はじめに

 「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」(以下「独占禁止法」又は「独禁法」といいます。)は、「公正且つ自由な競争を促進」を目的とする法律です(独禁法1条)。独占禁止法は、事業者の様々な行為を規制し、市場における独占を抑制しようとするものです。知的財産契約との関係で主な規制対象としては、以下の(2)〜(4)が挙げられます。 続きを読む: “知的財産契約は、独占禁止法との関係で何に留意すべきですか?”

知的財産における契約の役割
契約

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.契約の意義

 契約は、合意に基づき成立します。特別の方式が要求されるなど、一定の例外を除いて、口頭の合意でも成立します。

当事者は契約に縛られることになり、当事者が契約を遵守しない場合、裁判により救済を受けることができます。 続きを読む: “契約が知的財産を守る”