登録商標を使わせたい。登録商標のライセンス契約は?
弁護士

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.商標権のライセンスの意義

商標権者は登録商標を指定商品等につき独占的に使用することができます。

登録商標を使用できる者は商標権者に原則限られ、商標権者が優れた商品等を提供し、商標権者の信用が蓄積した登録商標は需要者を引き付けることができ、重要な知的財産となります。 続きを読む: “登録商標を使わせたい。登録商標のライセンス契約は?”

実際に生じた商標権侵害問題に対応するには
弁護士

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.対応について

商標権侵害が疑われる場合、権利者であれば、問題となる商標の使用を止めさせたいと思うでしょう。場合によっては、損害賠償を請求したいと思うかもしれません。他方、商標権侵害の警告を受けた被疑侵害者であれば、何もしないまま放置することは避けるべきです。 続きを読む: “実際に生じた商標権侵害問題に対応するには?”

法律専門家の助言を受けるには? その費用と事前準備
弁護士

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.法律相談

商標権に関する問題に遭遇した場合、弁理士・弁護士の助言を求めると対応の見通しを立てるのに役立ちます。

商標権は指定商品等につき登録商標の独占的な使用を可能とする権利であり、商標権者のブランドを守る権利です。

ブランドは重要な財産であり、正確な法律知識を有する専門家の助言を受けて対応方針を決めないと、後々、更に困難な事態に直面することにもなりかねません。 続きを読む: “法律専門家の助言を受けるには? その費用と事前準備”

合意を書面に残したい
弁護士

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.契約書の重要性

ビジネスでは、当事者間において、様々な取引が行われています。

取引の内容に応じ、当事者間において結ばれる契約の内容も多岐に渡ります。契約は当事者間の合意に基づき成立するものであり、一定の例外を除いて口頭の合意のみでも成立します。当事者が契約を遵守しなければ、裁判により救済を受けることも可能です。 続きを読む: “合意を書面に残したい”