お菓子に関する商標はどの区分で登録したらいいですか?
商標登録の区分

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1、お菓子の区分は第30類

菓子が含まれる区分は、第30類になります。類似群コードは(30A01)です。

お菓子の区分

第30類に含まれる商品は以下になります。 続きを読む: “お菓子に関する商標はどの区分で登録したらいいですか?”

スポーツに関わる商標はどの区分で出願したらいいですか?
商標登録の区分

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1、商品や役務の区分ってどうやって調べるの?

商標登録は商標について商品やサービスを指定して、出願することになります。

商品やサービスがどの区分にあてはまり、どの類似群コードが付いているかは、特許庁のプラットパットで調べることができます。

それでは、例として、運動する場合に欠かせない・・・「ランニングシューズ」を調べてみましょう。 続きを読む: “スポーツに関わる商標はどの区分で出願したらいいですか?”

先生、マンションは商品で合ってますよね?
商標登録の区分

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.はじめに

商標権の効力は、商標と指定する商品またはサービスによって決まるため、指定商品またはサービスは出願時に願書に記載することが求められます。それと同時に、指定商品またはサービスは特許庁の定める区分に従い、明確に記載することが求められます。 続きを読む: “先生、マンションは商品で合ってますよね?”

医薬部外品は商標の世界ではどの仲間ですか?
商標登録の区分

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.「医薬部外品」とは?

「医薬部外品」は「薬機法」という法律で決められている商品の分類です。なお「薬機法」は略称で、以下引用に記載されているのが正式名称です。以前は「薬事法」という名称でしたが、2014年11月25日付けで名前が変更になりました。 続きを読む: “医薬部外品は商標の世界ではどの仲間ですか?〜医薬部外品の商標を登録するときの注意点〜”

間違っていませんか?商標を使用する商品とサービス
商標登録の区分

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.広告

商標を使用するサービスをうかがうと、「広告」に使用するから、指定する役務に入れてほしいとのご依頼をいただきます。確かに特許庁データベース「特許情報プラットフォーム」(URL:https://www.j-platpat.inpit.go.jp /web/all/top/BTmTopPage)の「商品・役務検索」を使用して検索してみますと「広告業」をはじめとする広告に関連するサービスは第35類で多数ヒットします。 続きを読む: “間違っていませんか?商標を使用する商品とサービス。”