登録商標と著作物はいつまで守られるのですか?
著作権

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.TPP11と著作権の存続期間の延長

衆議院は、5月18日、「環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定」(TPP11協定)を承認し、TPP11関連法を可決しました。 続きを読む: “登録商標と著作物はいつまで守られるのですか?”

商標登録を受けるロゴは、著作権でも保護されますか?
著作権

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.標準文字とロゴタイプ

商標登録を受ける場合、特許庁長官に願書を提出します。

願書には商標を記載する欄が有り、商標登録を受けた場合、願書に記載した商標が登録商標となります。

文字の商標の登録を受けるならば、商標法の定めに抵触しない限り、標準文字とロゴタイプのいずれでも登録を受けることが可能です。
続きを読む: “商標登録を受けるロゴは、著作権でも保護されますか?”

商標権と著作権-著作権の処理は終わっていますか?
商標権著作権

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.商標権と著作権

文字だけが商標として登録を受けることができるものではありません。

図形等を含む商標も登録を受けることが可能であり、例えば、以下のように、アニメーションのキャラクターを含む態様で商標登録を受けている例も多く見受けられます。 続きを読む: “商標権と著作権-著作権の処理は終わっていますか?”

著作権

写真の一部に他人の著作物が映り込んだ場合の扱いは

昨年の著作権法の改正により、著作物の取り扱いに変更がありました。この著作権の法律改正により写真の一部に他人の著作物が映り込んだ場合でも、直ちに著作権侵害の問題は発生しないことが明文化されました。 続きを読む: “登録商標が映り込んだ写真の商標権の扱い”