最初に商標を使用しても商標権侵害になる?
ファーイーストならどうするの?

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

(1)最初に商標を使用した場合に発生する権利とは?

誰も使っていない商標を最初に使い始めた人に認められる権利は?

誰も使っていないし、商標登録もされていない商標を最初に使い始めた人に認められる権利は、実は日本の商標法上は何もありません。 続きを読む: “最初に商標を使用した人は商標権侵害にならないか?”

商標の不使用取消を防ぐ方法
ファーイーストならどうするの?

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

(1)商標の不使用取消審判とは?

商標権を取得してからが戦いの始まり

商標の願書を特許庁に提出して、無事審査を突破し、無事商標権が得られても、そこで終わりではない。登録商標は業務に使えば使うほど価値が向上する。有名になると、同じ商品でも有名な商標を使えば高価格で商品を販売することも可能となる。 続きを読む: “商標の不使用取消を防ぐ方法とは?”

商標登録弁護士
ファーイーストならどうするの?

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

(1)商標弁護士と商標弁理士

弁理士は商標登録の前で活躍、弁護士は商標登録の後に活躍

商標登録の代行ができるのは、弁護士法と弁理士法によると、弁護士と弁理士だけです。弁護士でも弁理士でもない無資格者が商標登録の業務を行うと法律に違反します。 続きを読む: “商標登録を弁護士・弁理士に代行依頼できますか?”

ファーイーストならどうするの?

(1)チケットキャンプが商標法違反?

ネット情報からは何が違反になるのか分かりにくいが

チケットキャンプ(Ticket Camp)は株式会社フンザが運営しています。このウェブサイトに「ミクシィグループ運営」と表記されている通り、フンザはミクシィの関連子会社になります。

チケキャンには「日本最大級のチケット売買サイト」と表記されていて、チケットを売ることも買うこともできる仕組みになっています。

このチケットキャンプに警察の捜査が入ったと一斉にマスコミ報道がなされました。 続きを読む: “チケットキャンプが商標法違反になるのは何故ですか?”

商標登録の実際の期間
ファーイーストならどうするの?

(1)2017年11月28日発行の商標公報から、登録までの期間を実測しました

平成29年11月28日発行の商標公報による審査期間実測値

平成29年11月28日発行の商標公報に掲載された1684件の商標権について、出願から実際に登録された期間までどのくらいかかったのか、さくっと実測しました。 続きを読む: “商標登録で出願から登録までの実際の期間はどれくらいですか?”