先生!今度無効審判を請求しようと思ってます
ファーイーストならどうするの?

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.まずはじめに

商標法には無効審判の制度が設けられており、一定の無効理由に該当する場合には、その登録処分には瑕疵があるとして審決によって登録処分を無効に導くことが出来ます。 続きを読む: “先生!今度無効審判を請求しようと思ってます”

商号は登記すれば保護されますか?
ファーイーストならどうするの?

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.旧商法の規定

会社を起ち上げるとき、商号を決めます。

商号は、商人の名称であり、営業に関し自己を表すために用いるものです。

日常用語からすると若干違和感があるかもしれませんが、会社も、法律上、商人です。

会社は商号を定め、商号を用いて自己を表します。

会社は登記により設立され、商号も登記事項とされています。

商号は使い続けることにより、営業上の信用が化体するものであり、商号に関し、会社は経済的利害を有します。 続きを読む: “商号は登記すれば保護されますか?”

最初に商標を使用しても商標権侵害になる?
ファーイーストならどうするの?

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

(1)最初に商標を使用した場合に発生する権利とは?

誰も使っていない商標を最初に使い始めた人に認められる権利は?

誰も使っていないし、商標登録もされていない商標を最初に使い始めた人に認められる権利は、実は日本の商標法上は何もありません。 続きを読む: “最初に商標を使用した人は商標権侵害にならないか?”

商標の不使用取消を防ぐ方法
ファーイーストならどうするの?

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

(1)商標の不使用取消審判とは?

商標権を取得してからが戦いの始まり

商標の願書を特許庁に提出して、無事審査を突破し、無事商標権が得られても、そこで終わりではない。登録商標は業務に使えば使うほど価値が向上する。有名になると、同じ商品でも有名な商標を使えば高価格で商品を販売することも可能となる。 続きを読む: “商標の不使用取消を防ぐ方法とは?”

商標登録弁護士
ファーイーストならどうするの?

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

(1)商標弁護士と商標弁理士

弁理士は商標登録の前で活躍、弁護士は商標登録の後に活躍

商標登録の代行ができるのは、弁護士法と弁理士法によると、弁護士と弁理士だけです。弁護士でも弁理士でもない無資格者が商標登録の業務を行うと法律に違反します。 続きを読む: “商標登録を弁護士・弁理士に代行依頼できますか?”