商標登録の費用と料金

商標登録の費用の中で特に大きな割合を占めるのが商標の調査費用です。

特許庁に商標登録をするときには商標だけを登録するのではなくて、その商標を使用する業務範囲を指定する必要があります。

この業務範囲のことを「区分」と呼んでいます。

商標法上、上記の区分は第1類から第45類まで定められています。

例えば、薬剤なら第5類、携帯電話なら第9類、ビールなら第32類といった具合です。

商標を調査するときには、

[商標の数]かける[商標の区分数]かける[商標の調査費用(万円)]
を課金するところがあります。

このため、例えば洋服(第25類)、アクセサリー(第14類)、かばん(第18類)、携帯ストラップ(第9類)について商標が必要な場合には、

[商標の数]×[上記4個の区分]×[商標の調査費用(万円)]

が課金されることになります。

上記の場合で仮に商標の調査費用が2万円なら一回の調査で、
1(個の商標)×4(区分)×2(万円)=8万円

が掛ることになります。

しかし調査の結果、その商標では登録できない、と言われた場合には上記の8万円を払っても、特許庁に対して権利申請できないことになります。

次の商標を調べて問題がある、と分かった場合には16万円を払っても、権利申請もできないことになります。

ダメ出しを出されるたびに、次々とあなたの財布から数万円が消えて行くことになります。

★特許事務所に商標登録出願を依頼する場合には、商標の調査費用が総額でいくらになるのか、

 またいくら払えば出願できる状態になるのかを事前に確認しておく必要があります。

ファーイースト国際特許事務所では高品質の商標調査を無料で実施しています。

ファーイースト国際特許事務所
所長弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247

商標登録の費用と料金

最近、商標登録サービスで悪徳業者にひっかかった方からの相談が多くなっています。

格安とか激安とか、非常に安い等の宣伝文句に釣られて申し込んだところ、法外な請求を受けた、というものです。

私も実際にこの様な悪徳業者と渡り合い、お客さまが誤って振り込んでしまったサラリーマンのボーナス分にも相当する数十万円を取り戻すことに成功したことがあります。

業者によっては、あなたからの難しい相談を聞くよりも他のお客さまの獲得に走った方が儲かるため、個々の対応が粗末になりがちです。

ちょうど立ち食いうどん屋さんみたいなイメージで、食べたらさっさと出ていってね、との対応を業者から受ける場合もあるわけです。

最初だけ丁寧に対応していて、仕事の依頼を受けたとたんに冷たくなる。

これが原因となって、こちらからの依頼を止めようと考えるようになる。

ところが依頼を止めようとすると法外な請求をしてくる。

このようなケースが後を絶ちません。

しかも下請けを使っている業者の場合には、電話をかけても「あなたの仕事内容を全く把握していないので」、応対がしどろもどろです。

後で嫌な想いをしないように、事前のチェックはきちんとしましょう。

・手数料無料と称しながら、手数料とは名称を変えた請求がないかどうか
・連絡手段を電子メールに限定している等、怪しい点はないか
・住所連絡先が実在するかどうか(架空事務所でないかどうか)

架空事務所かどうかは、その住所を訪問して面談可能かどうかを問い合わせれば簡単に判明します。

架空事務所の場合は面談を嫌がるか、断るはずです。

また何度か弁理士に電話して、その弁理士本人が電話を掛けた場所に実在するかどうかを確認します。
(弁理士によらないで特許庁に手続きするのは違法行為です。)

悪徳業者に欺された場合にはいつでもご連絡下さい。

この様な緊急の場合にはいつでもお話を伺います。

ファーイースト国際特許事務所
弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247