侵害警告にはどう対応したらいいですか?
商標権弁護士

(1)商標権侵害の警告

不登録商標の使用のリスク

事業者がビジネスを行う場合、商品やサービスを供給することになりますが、自社の商品やサービスが他社のものと区別できるようにする必要が生じます。区別のため使用するのが「商標」であり、商標はビジネス活動と切っても切り離せない関係にあります。 続きを読む: “商標権等の侵害警告にはどう対応したらいいですか?”

相続した商標権にも相続税はかかるかも?
商標権

1.相続の場合

Aさんのお父さんが亡くなり、財産を相続することになりました。

なおAさんのお父さんは個人事業でパン屋さんを営んでおり、商標権をいくつか持っていました。
さぁ、Aさんは何をしたらいいでしょう? 続きを読む: “相続した商標権にも相続税はかかるかも?”

会社合併・分割で持っている商標権はどうなるの?
商標権

1.A会社がB会社を吸収合併した場合

業績好調なA会社、このたび、B会社を吸収合併することになりました。 続きを読む: “会社合併・分割で持っている商標権はどうなるの?”

異議申立と無効審判数
商標権

索引

(1)各年度の出願実効件数と登録の割合

各年度の出願実効件数と実際の商標登録数

特許庁から発行されている特許行政年次報告書(2018年度版)を参考に、各年度の商標登録出願実効件数と登録数などをFig.1にまとめました。 続きを読む: “横取りされた商標権の実際の不服申立割合はいくら?”

商標でGoogleの検索に配慮する際、注意することはありますか?
商標権

1.メタタグ

 ウェブサイトは、事業者が需要者に商品やサービスを伝える手段として、広く活用されていますが、そもそも需要者にウェブサイトを見つけてもらうことが必要です。

需要者が商品やサービスを求めてウェブサイトを探す際、通常、Googleなどの検索エンジンを利用するところ、事業者は自己のウェブサイトが検索エンジンの上位に表示されることを望みます。

そのため、検索エンジンの傾向を分析した上で、自己のウェブサイトが上位に表示されるよう、ウェブサイトを設計することになります。

検索エンジン最適化(Search Engine Optimization, SEO)と呼ばれるものです。 続きを読む: “商標でGoogleの検索に配慮する際、注意することはありますか?”