会社合併・分割で持っている商標権はどうなるの?
商標権

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.A会社がB会社を吸収合併した場合

業績好調なA会社、このたび、B会社を吸収合併することになりました。 続きを読む: “会社合併・分割で持っている商標権はどうなるの?”

異議申立と無効審判数
商標権

索引

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

(1)各年度の出願実効件数と登録の割合

各年度の出願実効件数と実際の商標登録数

特許庁から発行されている特許行政年次報告書(2018年度版)を参考に、各年度の商標登録出願実効件数と登録数などをFig.1にまとめました。 続きを読む: “横取りされた商標権の実際の不服申立割合はいくら?”

商標でGoogleの検索に配慮する際、注意することはありますか?
商標権

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.メタタグ

 ウェブサイトは、事業者が需要者に商品やサービスを伝える手段として、広く活用されていますが、そもそも需要者にウェブサイトを見つけてもらうことが必要です。

需要者が商品やサービスを求めてウェブサイトを探す際、通常、Googleなどの検索エンジンを利用するところ、事業者は自己のウェブサイトが検索エンジンの上位に表示されることを望みます。

そのため、検索エンジンの傾向を分析した上で、自己のウェブサイトが上位に表示されるよう、ウェブサイトを設計することになります。

検索エンジン最適化(Search Engine Optimization, SEO)と呼ばれるものです。 続きを読む: “商標でGoogleの検索に配慮する際、注意することはありますか?”

先生!どんな時に並行輸入が商標権侵害になるのですか
商標権

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.まずはじめに

商標権者は指定商品又は役務に登録商標を使用する権利を独占します。また、登録商標と同じ商標が付された商品を国内に輸入したり、輸入した商品を販売したりする行為は、商標の使用に該当します。 続きを読む: “先生!どんな時に並行輸入が商標権侵害になるのですか”

中身は本物、でもアウトです!〜商標権侵害事件から見えてくる商標の機能〜
商標権

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.偽「響30年」事件

(1)あらまし

2017年6〜7月ごろ、仙台市の男性会社員(29)にフリマアプリを通じて響30年の偽物5本を販売し、サントリーホールディングス(HD)の商標権を侵害、代金計99万円をだまし取った疑い。本物の瓶と箱を入手し、他のウイスキーを入れていたとみられる。
日本経済新聞(2018年8月21日 15:53)より引用

その他の新聞でも報道されています。 続きを読む: “中身は本物、でもアウトです!〜商標権侵害事件から見えてくる商標の機能〜”