先生!商標法って、なんか審判が多くないですか?
商標登録の話題

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.拒絶査定不服審判

出願した審査結果が不合格(拒絶査定)であった場合に、その適否を争うための手続です。

日本の憲法では、行政処分に対して不服がある場合には必ず裁判所へ出訴することを保障していますが、商標法では特許庁の拒絶査定に対する出訴を認めていません。 続きを読む: “先生!商標法って、なんか審判が多くないですか?”

品種登録?or商標登録?〜植物の名前の登録方法〜
商標登録の話題

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.品種登録

(1)品種登録とは?

植物の品種の名前というと、「品種登録」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

この制度は、植物の新しい品種について出願し、要件をクリアすると登録され(品種登録)、その結果、原則として登録された品種を育成した人(育成権者)だけにその品種を育てたり売ったりすることを認める(育成者権)というしくみです。 続きを読む: “品種登録?or商標登録?〜植物の名前の登録方法〜”

大人気の「さば」に関する商標を見てみよう
商標登録の話題

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.「サバ缶」VS「ツナ缶」水産物缶詰界のトップは?

サバ缶大逆転 ツナ缶を超え首位に売れすぎて悲鳴も!!

いま、売り場に並ぶ缶詰めの中で、サバ缶だけが品薄になっている。
サバ缶は今年2月〜3月あたりから常に欠品が続いていたり、入ってきても希望通りの数が入ってこなかいという状態が続いているという。
実は去年のサバ缶の生産量はツナ缶を逆転。サバは水揚げ量が安定していて値上がりがなく、骨や皮まで使うため栄養価が高いことが人気の理由だ。
一方、これまで人気を誇ってきた『ツナ缶』は、原料となるマグロやカツオの不漁で高騰により値上がり。
これもサバ缶人気の要因とされている。
FNN PRIME(2018年5月22日 20:02配信)より引用

続きを読む: “大人気の「さば」に関する商標を見てみよう!”

雨の日を楽しくする便利グッズの商品名は商標登録されてますか
商標登録の話題

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1、傘の歴史

5月8日に沖縄地方が昨年より5日早く梅雨入りしました。弊所がある関東甲信地方の梅雨入りは平年6月8日ごろとなっています。

みなさまのお住まいは、いかがでしょうか?梅雨でなくても、雨が多い地域にお住まいの方もいらっしゃるかもしれません。

雨の日に欠かせないものといえば「傘」ですよね。 続きを読む: “雨の日を楽しくする便利グッズの商品名は商標登録されてますか?”