読売新聞で五輪商標を解説コメント
テレビラジオ

索引

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

(1)IOCによる商標「五輪」の登録内容

IOCが商標「五輪」を日本で商標登録

コミテ アンテルナショナル オリンピック(国際オリンピック委員会 、以下「IOC」と略)は平成29年(2017)12月19日に、日本に対して商標登録出願の手続を行いました。

特許庁の商標審査官による審査を経て、平成30年1月8日に審査の合格を知らせる登録査定通知が送達され、平成31年(2019)2月1日に登録、商標権が発生しました。 続きを読む: “IOCの商標「五輪」登録の件で読売新聞にコメント掲載”

HEROSの謝罪と使用権
テレビラジオ

索引

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

(1)後発HERO’Sの登録商標を再確認

事実関係を再確認

続きを読む: “後発ティラミス側であるHERO’Sの「使用権をお渡しする」とは?”

ティラミスヒーロー商標問題
テレビラジオ

索引

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

(1)日本で商標登録されていない場合、第三者は日本で登録可能か

商標登録は早い者勝ち

海外で使われていた商標が、たまたま日本で商標登録されていない場合、日本で本家とは関係のない第三者が商標登録をすることは可能でしょうか。 続きを読む: “「ティラミスヒーロー」商標問題の件でフジテレビ「とくダネ!」に生出演、解説しました。”

日テレnewszeroからサムスンのシュプリームコラボ問題取材収録
テレビラジオ

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

(1)韓国のサムスンはシュプリームとのコラボを発表したが

本家本元側は全面否定

韓国のサムスンは中国での新型スマホ発表の際にサプライズ情報として、アパレルブランドとして有名なシュプリームとコラボする、と発表しました。

ところがそんな話は聞いていないと、本家本元のシュプリーム側は全面否定。本家本元に無断でコラボとは、一体どういうことでしょうか。 続きを読む: “日テレnewszeroからサムスンのシュプリームコラボ問題について取材収録”

週刊ポストに商標登録の取材コメント掲載
テレビラジオ

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

(1)そもそも商標「歌舞伎」は登録できるのか

販売する商品や業務を指定して商標登録することができる

そもそも株式会社松竹が商標「歌舞伎」について商標権を取得することができるのか、と感じる方は多いと思います。

特許庁で登録される商標は、その商標の言葉自体を制限なく独占する権利ではないです。特許庁における権利設定の際に指定した商品とかサービスの範囲で権利が発生します。 続きを読む: “週刊ポストに歌舞伎商標問題取材記事掲載”