Q&Aよくある質問


商標登録に関するQ&Aよくある質問

商標登録についてファーイースト国際特許事務所によく寄せられる質問を掲載しています。

【Q1】商標登録されるまでどのくらいの期間が必要でしょうか?

ケースによって異なりますが、特許庁に商標登録出願を終えてから登録査定を得るまでには5ヶ月~1年を要します。

特許庁には年間10万件以上の商標登録出願があり、これを全件審査官が審査しています。このため一定期間が必要となります。

【Q2】商標登録の費用はどのようにお支払いするのでしょうか?

特許庁に商標登録出願の費用は全額こちらで立て替えます。後日請求書を郵送しますので銀行振り込みによりご対応ください。

審査に合格した後は、特許庁の指定する期間内に手続きを完了する必要がありますので、この期間内の銀行振込にご協力をお願いいたします。

【Q3】違う特許事務所で行った商標登録出願を引き受けてもらうことは可能ですか?

もちろん可能です。特許庁に対する審査対応、審判対応、異議申立対応、年金管理、更新申請等、お困りの点があればいつでもご相談ください。

【Q4】地方在住者ですが商標登録の手続を引き受けてくださいますか?

全く問題ありません。FAX、メール、電話等により特許庁に対する商標登録手続を完結させることができます。

【Q5】商標の調査は無料ですか?

はい。商標の調査は無料でおこなっています。商標の調査が有料の業者に出願を依頼した場合、「はいこれはダメ、商標調査料3万円。」、「はいこれもダメ。商標調査料追加で3万円。」といった具合に、次々と数万円単位で商標調査費用の請求を受けることがありません。

【Q6】御社の商標登録の実績はどのくらいですか?

ファーイースト国際特許事務所の年間の商標登録出願件数は、6年連続日本の全ての特許事務所中、5位以内に入っています。

この条件を満たす特許事務所は、ファーイースト国際特許事務所だけ、です(残る一つは弁護士が経営する法律事務所です)。

ちなみに一位を名乗る業者は多くありますが、不思議なことに、ファーイースト国際特許事務所の年間の日本における商標登録出願件数は自称業界1位を名乗る業者よりも多いです(2010年から今年までの各年度実績。それ以前は自称業界1位を名乗る業者はランキング圏外でしたのでそれ以前のデータは不明です。)。

そのくらい、多くのお客さまに支持されています。

【Q7】審査に合格できないときは本当に返金してくれるのですか?

はい。審査に合格できないときは、ファーイースト国際特許事務所の取り分は問答無用にゼロ円です。

他の業者の様に、後になってから言い訳を重ねて返金を撤回することはありません。

【Q8】下請けを使っていますか?

いいえ。ファーイースト国際特許事務所では下請けの無資格業者は一切使用していません。

このためあなたから何時連絡を頂いても、あなたの案件の状況を即答することができます。

無資格下請け業者に仕事を流していませんので、あなたの情報が社外に出ることがありません。また無資格下請け業者を使っていませんので、連絡手段を電子メールに限定する理由もありません。いつお電話頂いても大丈夫です。

【Q9】商標権侵害訴訟に対応できますか?

はい。ファーイースト国際特許事務所では商標権侵害訴訟等の代理人になることのできる経験と資格を有する弁理士・弁護士が常時在籍しています。

商標権の侵害警告対応、裁判所対応等も可能であり、実際に東京地裁、大阪地裁、東京高裁(知財高裁)、最高裁等で代理人を勤めています。このため商標権に関するあらゆる問題に即応しています。

【Q10】個人で商標登録はできますか?

はい。個人で商標登録をすることもできますし、また法人(会社)で商標登録をすることもできます。

個人で手続きを進めている場合、後から法人に権利を移すこともできますし、逆に法人で手続きを進めている場合、個人に権利を移すこともできます。権利の移動対応は有料になりますので、最終的に権利者になる方が出願するようにするのがよいです。

【Q11】特許庁に出願した商標を変更したいのですが?

特許庁に出願した後、願書に記載した商標を差し替えることはできないことになっています。試験の答案用紙を差し替えることができないのと同じです。これができるなら、後の他社の出願内容を見て出願内容を変更することができるので、「ズル」ができることになってしまいます(例えば、最初に「へのへのもへじ」のマークの出願をしておきます。その後、ライバルが出願してきたら、そのライバルの願書に書いてある商標内容と同じ商標をこちらの願書のものと差し替えてしまえば、自由にライバルの出願をブロックする「ズル」ができてしまいます。)。

既に出願してしまった商標の内容は変更できないので、また新たな別の出願をし直すことになります。なお先に出してしまった出願を取り下げる分には、うちの事務所費用は取り下げる分については一切頂いていません(都合により取り下げる場合、既に特許庁に支払った印紙代は返金の対象外ですのでご注意ください)。

お気軽にお問い合わせください

24時間365日専用フォームからお問い合わせを受け付いています。