どのようにすれば商標権を8億円で売却できるのか

索引

商標権は、他人に使わせないだけではもったいない

商標権を取得すると、商標権者以外は許可なく商標権と抵触する範囲の商標を使用することができなくなります。

商標権は非常に強力に保護されていて、商標権が侵害された場合には、懲役10年以下、法人罰金3億円以下の刑事上の救済に加えて、差止請求や損害賠償請求の民事上の救済を受けることができます。

このように自分の商標を商標権により保護しておけば法律上の保護を受けることができるから安心です。

当初は他人に勝手にこちらの登録商標を使われたくない、と考えて商標登録の手続に踏み切る方は多いです。

でも、商標権は、実は売却できることをご存じでしたか?

商標権は将来売却も見込めるものですので、商標登録をする際には、将来権利を売却活用するところまでを見越して、特許庁に手続きをする必要があります。

商標登録の手続きを特許事務所に依頼する理由

商標権を得るために特許庁に商標登録の手続きを行うのは自分一人だけでもできます。

商標権が仮に得られたとしても、その商標権に欠陥があるかどうかまでは、自分一人だけでは簡単には分かりません。

商標登録は別に弁理士に頼まなくても自分でできるのに、どうしてプロフェッショナルの弁理士・弁護士に手続きを依頼する人がいるかといえば、それには理由があります。実は、商標権は売却できるから、しっかりした権利を得たいという理由によるところが大きいです。

例えば、自宅を購入する場合に、前に住んでいた素人の他人が建てた家を購入するか、または、プロの建築家が建てた家を購入するかの選択をする場合を考えると分かると思います。

素人の建てた家を購入する方は、まずいないと思います。購入した家にプロならしないミスが隠れているかも知れないからです。

商標権の場合も同じです。

プロ以外の者により権利化されたものや、一応プロが手続した場合であっても程度の低いものは安心して購入することができません。

ですので、信頼できる手続を経ていない場合、売却額が低くなるどころか、全く売ることができなくなる場合もあります。

商標権の資産価値低下を防ぐために、商標登録の手続を商標専門の弁理士に依頼しています。

「東京ガールズコレクション」の商標権を8億円で売却

日本経済新聞の記事によれば、アニメ「鷹の爪」で有名なキャラクター制作のディー・エル・イー(DLE)が「東京ガールズコレクション」の商標権を8億円で取得したことが報じられています(2015年6月8日付け日本経済新聞電子版:「東京ガールズコレクションの商標取得」より。)。

商標権が売却できることをご存じの方は少ないかも知れません。

実は、商標権は自由に移転できます(公益上一定の制限はあります)。

要は商標権者から第三者へ商標権を有償で移転するという形で、法律上適法に商標権の売買を実行することができます。

当事者同士が合意すれば、商標権をいくらで売買するかは当事者同士が自由に決めることができます。

法律上、商標権をいくらで売買しなければならないといった縛りは一切ありません。

ですので、上記の「東京ガールズコレクション」の商標権の場合のように、売却額が億の単位に達する売買が成立する場合もあります。

オークションの商品売買と同じで、商標権がどうしても欲しいと考える落札希望者が多ければ多いほど、その入手額は吊り上がる傾向があります。

どうすれば高値で商標権を売却できるか?

ではどうすれば、高値で商標権を売却することができるか?

その答えは一つです。

他人から「あなたの商標権をぜひ売ってください」といって貰えるように、あなたの商標権を魅力的なものに育てることです。

「自らの商標権を魅力的に育てる」とは、あなたがビジネスで成功して、そのビジネスを示すあなたの登録商標を他の人が見れば、ぱっとすぐにそのビジネスが分かる。

その領域までビジネスの規模を伸ばしていくことです。

どうしたらこの商標権は売れるだろう、と考えるのは考える方向を間違えています。

他の人は、あなたが売りたいと考えているものなどに全く関心はないからです。

そうでしょ?違いますか?

ビジネスで他の人が求めているのは、あなたが頭の中で考えていることではありません。他の人が求めているのは、「その商標権を手に入れたら、私もビジネスで成功できる」という、「実感」です。

商標権を取得した登録商標を見さえすれば、その「実感」が外部から見える。登録商標を見れば、誰でもあなたのビジネスを頭の中に想い浮かべることができる。

このレベルにまであなたのビジネスを育てるのです。

そうすれば、黙っていても、あなたの商標権を売ってください、お金を払いますからぜひライセンスして下さい、という方が現れます。

そのレベルまであなたのビジネスを育てることが、あなたが一生を掛けて取り組むべき課題の一つです。

ファーイースト国際特許事務所
所長弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247

よく読まれている記事

議論に参加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です