商標登録で出願から登録までの実際の期間はどれくらいですか?

平成29年11月28日に発行された商標公報から、さくっと出願から実際に登録されるまでの期間を調べました。実際に特許庁に願書を提出して商標権が発生するまでの期間について、11月2日に商標権が発生した最新の1684件について調査しました。2017年12月時点の商標登録期間の実測値は?

商標登録の実際の期間

(1)2017年11月28日発行の商標公報から、登録までの期間を実測しました

平成29年11月28日発行の商標公報による審査期間実測値

平成29年11月28日発行の商標公報に掲載された1684件の商標権について、出願から実際に登録された期間までどのくらいかかったのか、さくっと実測しました。

図1 出願日から、2017年11月2日に商標権が発生するまでの期間を示すグラフ

平成29年11月の商標出願から登録までの実測期間のグラフ

平均は8ヶ月1.89日間

2017年11月2日に発生した商標権の1684件について調べました。商標登録出願から登録までの期間の実際の平均は約8ヶ月です。

最短は2ヶ月10日間

商標権1684件のうち、最も早く商標権が発生したのは2ヶ月でした。これは商標登録の早期審査を利用したものです。

最長は2年4ヶ月7日間

逆に最長のケースでは2年以上登録までに要しています。特許庁の判断に対してとことん争うケースでは、最終的に商標権が得られるにしても、2年以上かかる場合もあり得ることが分かります。

最も多い商標登録の期間は7ヶ月

商標登録の期間の最頻値は7ヶ月でした。

図1のグラフから分かる通り、商標出願の願書を特許庁に提出してから、実際に商標登録が完了するまでの期間はほぼ1年程度で終了します。

ファーイースト国際特許事務所
所長弁理士 平野 泰弘
03-6667-0247

よく読まれている記事

議論に参加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です