悪徳業者との日常の闘い(2)

先日悪徳業者に引っ掛かったお客さまからSOSの電話が掛かってきました。商標登録の問い合わせのメールを一度送ったところ、その業者の対応が怪しかったことからその業者とは別の特許事務所を調べることにしたそうです。そしてファーイースト国際特許事務所のことを知り、ファーイースト国際特許事務所での商標登録手続を希望されるようになったとのことです。

先日悪徳業者に引っ掛かったお客さまからSOSの電話が掛かってきました。

商標登録の問い合わせのメールを一度送ったところ、その業者の対応が怪しかったことからその業者とは別の特許事務所を探すことにしたそうです。

そしてファーイースト国際特許事務所のことを知り、ファーイースト国際特許事務所での商標登録手続を希望されるようになったとのことです。

ところが最近その業者から執拗に電話が掛かってくるようになり困っていると私に相談がありました。

しかも暗にお金を払えと強要しているようにも受け取れる様な電話が掛かってくるのです。

こんな業者がいたら、お客さまとしても安心してお問い合わせすることができなくなります。

取引の基本は「お互いの信用」です。
互いに信用があるから取引が成立するのであって、信用もない状態で取引を強要する方が間違っていると私は思います。

悪徳業者のいやがらせ電話に困っているお客さまに対し、私は「魔法の言葉」を授けました。

この魔法の言葉を使えば恐らく業者からのいやがらせ電話は止まることでしょう。

万が一悪徳業者に引っ掛かってしまった場合にはいつでもお気軽に相談ください。いつでも対応致します。

☆関連記事
 ↓   ↓
悪徳業者との日常の闘い

ファーイースト国際特許事務所
弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247

よく読まれている記事

議論に参加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です