商標登録する8つのメリットと3つのデメリット

商標登録には、8つのメリットと3つのデメリットがあります。ここでは商標登録を検討している方のために、商標登録のメリットとデメリットについて専門の弁理士が分かりやすく解説しました。

商標登録には、8つのメリットと3つのデメリットがあります。ここでは商標登録を検討している方のために、専門の弁理士が分かりやすく解説しました。

1.商標登録のメリット

メリット1: 権利者以外は、同じ商標を使用できない

特許庁が商標を登録すれば、その商標を第3者が勝手に、使用することは出来ません。表現の自由という、日本国憲法が保障する重要な権利を制限してまで、保護するのが商標権です。この点において、商標権は非常に強い権利といえます。

なぜここまで保護するかと言えば、国の経済的な発展は、商標を保護しなければ成り立たないという考えに立つからです。ですので最初に、商標とは極めて強い権利なのだと、理解してください。

メリット2: 権利者以外は、類似商標も使用できない

使用できなくなるのは、完全に同じ商標だけではありません。類似する言葉等も使用できなくなります。例えば「STARWARS」というアルファベットが商標登録されていれば、カナ表記である「スターウォーズ」も使用できなくなります。

当然どこまでを類似と判断するかは、争いの種になります。皆さんがよくご存じの例は、「面白い恋人」でしょう。「白い恋人」という北海道のチョコレートが、「面白い恋人」という吉本興業系列のチョコレートと、類似性があるかどうかで争った件は、ご記憶にあると思います。

類似の判断基準は、かなり専門的なことになるので省きますが、基本は社会常識に沿って判断されると思ってください。

メリット3: 商圏外でも日本全国に効力が及ぶ

商標の効力は日本全国であり、権利者の商圏は関係ありません。「白い恋人」が北海道限定販売であっても、大阪で商標が侵害されているならば、その使用を止めることが出来ます。

メリット4: 違反者には使用の差し止め・損害賠償を請求できる

商標権を侵害した者に対しては、その使用の差し止め、並びに損害賠償を請求できます。

そして使用の差し止めにおいては、故意・過失を問わず、差し止めることが出来ます。要は「いくら悪気がなかった」と弁明しても、有無を言わさず差し止めることが出来るということです。

また違反者が商標侵害によって利益を得ている場合には、それを損害賠償として請求することができます。さらに商標権の侵害は、刑事罰の対象になっていることも、注意して下さい。

メリット5: 半永久に保護され、譲渡もできる

特許が20年で切れるのと対照的に、商標は更新さえ続ければ、永久に保護されます。すでに100年以上前から登録されている商標もありますので、ご興味のある方は、こちらもご参照ください。

また商標権は、譲渡することも出来ます。ブランドに金銭的な価値が生まれたなら、それを売買することも可能ということです。

以上、ここまで5点は法律上のメリットですが、商標登録のメリットはこれだけではありません。さらに次のようなメリットもあります。

メリット6: 他人の取得を防ぐことが出来る

今現在、その商標を使っていないにしても、将来の使用を見込んでいる場合、商標を登録することで、他人の使用を防ぐことが出来ます。

日本の商標制度は、先願主義(先に出した者が優先)のため、商標として先に登録した者に権利が発生します。

メリット7: 品質保証ができる

商標を取得するということは、その商標の出所が明確になることを意味します。
ですので「このマークがあるなら、○○会社の商品だから安心だわ」と言う形で、お客様に対して、品質を保証することができます。

メリット8: 社会的な信用が得られ、広告宣伝に活用できる

商標が認められたということは、日本国が認めたということで、社会的な信用になります。

Webサイトを始めとして商品を宣伝する機会は、急激に増えています。そこに商標登録番号「・・・・」と言う形で記載があれば、それは社会的な信用につながります。

以上ここまで、商標登録するメリットをご説明しました。商標登録には多くのメリットがありますが、デメリットがないわけではありません。デメリットも合わせてご説明しましょう。

2.商標登録のデメリット

デメリット1: 費用がかかる

まず費用がかかるというのが、1つのデメリットです。まず申請にあたって、特許庁に収める印紙代があります。印紙代は登録までに合計で33,900円かかります(1区分・5年間の場合)。

また弁理士事務所に申請を依頼すれば、その事務所に対して手数料がかかります。手数料は弁理士事務所によって、様々です。

費用については区分の問題も含め、「商標登録 費用」で詳しく説明しているので、参考にして下さい。

デメリット2: 登録に時間がかかる

デメリットの2番目として、登録までに時間のかかることがあります。基本的には、申請から登録まで順調に行って、6か月かかると思ってください。

特許庁に申請される商標の数は想像以上に多く、1日あたり約400件ほどになります。これを順次審査しているので、これ位の月日がかかっています。

ただ商標申請には、早期審査制度があり、取得期間を短縮することが出来ます。この制度を利用するには、いくつかの前提条件がありますので、詳しくは「その早期審査ちょっと待った!スピード商標登録の裏事情」をご覧ください。

デメリット3: はやい者勝ちの権利である

先にメリットのところでも説明しましたが、日本の商標制度は先願主義です。仮に御社がビジネスで使っていて、それに社会的な信用がある状態であっても、商標を取得していなければ、他社が申請すれば認められてしまう恐れがあります。

ビジネスの実態面を考慮せず、書類上の審査にて判断されることは、一つのデメリットと言えるのでしょう。逆に言えば、長年使用しているならば、他社の取得を防ぐ意味で、商標登録することは、必須ということができます。

以上、商標登録する8つのメリットと、3つのデメリットをご説明しました。商標は非常に強力な権利ですので、ぜひ上手く活用してビジネスに役立てて下さい。この記事がご参考になれば、何よりです。

ファーイースト国際特許事務所
所長弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247

よく読まれている記事

議論に参加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です