商標登録されている「離島キッチン」で味わう島の魅力

のどかな島で青い海を眺めながら、おいしい料理や地酒に舌鼓を打つ休日。長い休みがとれたら、そんなゆったりとした時間を過ごしたい。そう思っても、実際にはなかなか難しいかもしれません。そんな方にお伝えしたいのが、商標登録もされている「離島キッチン」です。東京や福岡に店舗があり、さまざまな離島の味を楽しむことができます。この夏、どこにも出かけられなかったという方も、気軽に離島気分を味わってみては?

(1)各地の島の料理が堪能できる「離島キッチン」とは?

(1-1)料理の背景にある歴史や物語にふれられる店に

「離島キッチン」は、島根県隠岐郡海士町(あまちょう)の観光協会によって運営され、島の食事を味わうだけでなく、その背景にある歴史や文化、多様な物語を楽しめる店をコンセプトにしています。

ここでは海士町のほかにも、各地の離島の名物料理や地酒を楽しむことができ、利尻島や八丈島、五島列島や宮古島など、1度の食事でいくつもの島をめぐることができます。

もともとキッチンカーを使った「行商」スタイルで始まり、いまでは海士店、福岡店、神楽坂店の3つの店舗で営業しています(2017年9月現在)。

各店舗の営業時間や場所、献立などの詳しい情報は、以下のホームページで確認できます。

チェックしてみましょう

 「離島キッチン」 http://ritokitchen.com

(1-2)海士町とはどんな場所でしょうか?

島根県隠岐島は、島根半島から北に約60キロメートルほど離れた場所に位置し、住人がいる4つの大きな島と、180以上の小さな島からなっています。

海士町は4島のなかの1つにあり、ほかに隠岐の島町、西ノ島町、知夫村とともに隠岐郡を構成しています。

海士町のモットーは、「ないものはない」。
都会のような便利さはなくても、 緑豊かな自然や地域の人々の団結力など、大切なものはすべてここにある、という意味が込められています。

豊かな海と湧き水に恵まれた町で、住人たちは半農半漁の自給自足の生活を送っています。

(1-3)もっと気軽に離島に親しみたい方は…

もし、離島や「離島キッチン」に興味をもっても、なかなか行くことができないという方は、上記(1-1)のホームページをのぞいてみてはいかがでしょうか?

「掲示板」のなかには、離島を訪れたときの体験をまとめた「離島入門」や、「離島キッチン」の元スタッフが実際に瀬戸内海の小豆島へ移住し、日々の暮らしを綴っている「移住入門」などの記事があり、気軽に離島に親しむことができます。

慌ただしい毎日、ちょっとした移動時間などを使って、多くの人を虜にしている離島の魅力にふれてみては?

コラム

島で生まれ育った「隠岐牛」

海士町では、島の北部で牛の放牧も行われています。
海を望む緑豊かな丘で牛が草を食んでいる姿は、とてものどかな光景です。
そして島で生まれ育ち、いくつもの条件を満たしたものだけが、「隠岐牛」のブランドを名乗ることができるのです。

(2)「離島キッチン」の商標登録

(2-1)運営する観光協会が登録

「離島キッチン」は、海士町観光協会によって2013年に商標登録されています。

「離島キッチン」(商標登録 第5586907号)

  • 権利者:海士町観光協会
  • 出願日:2012年12月21日
  • 登録日:2013年5月31日

区分は以下の通りです。

  • 第35類「広告業、経営の診断または経営に関する助言、市場調査または分析、商品の販売に関する情報の提供、ホテルの事業の管理」など
  • 第43類「宿泊施設の提供、宿泊施設の提供の契約の媒介または取次ぎ、飲食物の提供、布団の貸与、毛布の貸与」など
  • (3)学生たちとともに挑む新たな道 〜「IDEA KITCHEN」東京六大学プロジェクト

    そして「離島キッチン」は、2017年11月に日本橋茅場町に新たな店舗をオープンさせる予定です。

    店舗名は「IDEA KITCHEN」。
    ここは学生や社会人など、それぞれの背景をもつ人が集まり、離島の魅力をさらに広めるためのアイディアを練り、実行する場です。

    その第一歩となるのが、「東京六大学プロジェクト」。
    これは六大学の学生たちが実際に島を訪れ、島民と交流した上で、その魅力を伝える企画を考えるものです。

    そしてこの企画は、実際に「IDEA KITCHEN」で1カ月ずつ実行されます。
    学生たちにとっては、社会に出る前に得難い経験ができるのではないでしょうか。

    このプロジェクトに関する記事についても、「掲示板」のなかの「学生島物語」で読むことができます。
    学生たちがそれぞれの体験を元に、どのような企画を立て、困難を乗り越えていくのか、その成長を見守りたいですね。

    (4)まとめ

    いかがでしたか?
    「離島キッチン」は、たくさんある登録商標のうちの1つです。
    けれど背景には、そこに携わる多くの人々の姿があるのですね。
    普段、何気なく通り過ぎている商店や施設の商標をみながら、その背景を想像してみるのも楽しいかもしれませんね。

    ファーイースト国際特許事務所
    所長弁理士 平野 泰弘
    03-6667-0247

    よく読まれている記事

    議論に参加する

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です