商標登録の話題

索引

(1)商標登録の代行とは?

一般の方が使う「代行」の意味

自分以外の第3者に、商標登録の手続きを広くお願いする場合を指しています。

法律上の「代行」の意味

類作成のみ第3者が行い、特許庁への申請は権利者本人が行う場合を「代行」と言います。

書類作成に留まらず特許庁へ申請まで、本人に成り代わって第3者が行う場合は「代理」と言います。

なぜこのように言葉が分かれるかと言えば、代行は専門家以外が行う場合がありますが、代理ができるのは弁理士に、法律上で制限されているからです。

このページでは一般の方に合わせ、代行とは商標登録の手続きを申請まで含めて、第3者に委託する場合としてご説明します。

(2)なぜ法律は弁理士に、制限しているのか?

法律上の制限がなければ、弁理士以外の、行政書士さんや司法書士さんも、特許庁に申請・交渉できるようになります。自由競争が広がり、依頼費も下がりますから、本来はそうあるべきです。

それではなぜ、法律は弁理士に制限しているのでしょうか?

それは商標を取得しようとする、皆さん依頼者を保護するためです。どういうことかと言えば、申請された商標は特許庁の審査官が審査します。審査官は商標制度の隅々まで知り尽くしたプロです。

申請された商標が許可されれば、何の問題もありませんが、審査官がNOの判断をした時に、専門知識を持たない人では反論が出来ません。日本の商標は170万件以上もあり、毎年10万件が新たに申請されています。

専門知識のない方が申請した場合、必ず既存の商標とバッティングする可能性が高いです。ですので十分な事前調査を行うことで、特許庁の審査官が許可するような商標を作り、仮にNOの判断が出ても反論し、審査官を説得できる専門性が必要になるわけです。

このように商標登録を代行するメリットは、一言で言えば、高い専門性を持つ人にお願いすることで、商標を確実に取得できる点にあります。

それではこの高い専門性とは、どのような点を言うのでしょうか? 代行のメリットとして、7つほど説明します。

商標登録代行のメリット

● 代行のメリット1. 商標として認められる言葉か否かの判断

一般に広く使われている名詞は、商標として認められません。例えば「タクシー」です。運送業の方が「タクシー」で申請しても審査には合格しません。

ところがファッション関係の方なら「タクシー」は認められる可能性があります。このように、どこまでなら商標として認められるか、微妙な領域を判断した上で申請してくれるのが、代行の大きなメリットです。

● メリット2. 類似商標を回避する判断

「スターワーズ」という言葉を商標申請しようとした場合、「スターウォーズ」との類似性が問題になります。商標における類似性を、どのように見るべきか、正確な判断を下すことが出来ます。

● メリット3. 商標の効力を最大にする判断

申請の仕方によって、商標の効力は異なります。仮に「飲食店」のビジネス区分で商標を取得しても、「持ち帰り」のビジネス区分に申請しなければ、「持ち帰り」ビジネスで商標は効力を持ちません。

専門家に依頼することで、ビジネスの実情に応じた商標を取得することができます。

● メリット4. 審査結果を早める方法の選択

通常の場合、商標の審査には6か月ほどかかりますが、早期審査が認められると審査期間は2か月ほどになります。このように早期審査制度は、非常に魅力があるのですが、全ての方に早期審査が認められるわけではありません。

専門家に代行することで、早期審査が使えるかどうか、適切に判断することができます。

● メリット5. 許可を得やすい出願書類の作成

出願書類の作成は、やり方さえ分かれば、誰でも行うことが出来ます。ただ半角文字は禁止で英数字も全て全角にする、余計な項目は書き込まない等、細かいルールもあります。

間違った形で申請すると再度申請し直すため、手間もかかります。この意味で専門家に代行させた方が、楽といえるでしょう。

なお出願書類の作成方法は、細かいルールも含めて説明していますので、下記をご参照ください。

● メリット6. 拒絶された場合の反論

特許庁の審査官が拒絶した場合、反論をすることが出来ます。商標は非常に多くの出願があるため、判断がグレーゾーンに入ることも多いです。仮に審査官が拒絶をしても、適切な反論をすることで、商標を認めてもらうことが出来ます。

● メリット7. 他者からの異議申し立て時の対処

商標を取得しても、その後他者から異議の申し立てを受ける場合があります。その商標は、当社商標と類似するので、認められないという異議です。このような場合でも、専門家に代行させていれば、正しく反論し、商標を守ることができます。

以上7つほど、メリットを説明しましたが、もちろん代行することでのデメリットもあります。3つほど、ご説明しましょう。

商標登録代行のデメリット

● デメリット1. 費用

代行してもらうのであれば、まず手数料がかかります。手数料については、特に基準がないため、各弁理士によって費用はかなり差があります。一般的にいえば、ネット上に費用を明示している事務所は、相場より割安な費用であることが多いです。

● デメリット2. 専門分野かどうか、分からない弁理士もいる

弁理士も、それぞれ得意な分野があります。商標ではなく特許に強い弁理士もいれば、個人客の多い弁理士、法人相手の弁理士など、まちまちです。地元の弁理士だからといって、商標を得意とするわけではありません。

また商標分野でみても、飲食店に強い弁理士もいれば、化粧品に強い弁理士もいます。それぞれ得意分野を持っているので、どの分野に強いのか、特に実績をホームページで確認するのが、良いと思います。

● デメリット3. 必ず登録されるとは限らない

商標が認められるかどうかは、最終的には特許庁の判断です。専門家に代行してもらったからと言って、100%登録されるとは限りません。制度上いかんともしがたい部分ですが、1つのデメリットになるかも知れません。

(3)商標登録の代行費用

商標登録の代行費用については、特許庁に支払う印紙代についてはどの特許事務所でも同じです。それ以外の特許事務所手数料は、特許事務所ごとに異なります。

商標登録の代行費用の一例として、ファーイースト国際特許事務所の場合の費用例を示します。

5年登録分の費用です。また事務所手数料には請求時に適用される消費税が加算されます。

商標登録費用料金の一覧表(5年分:出願と登録分合計)

区分数 調査料 出願時特許庁印紙代 出願時手数料 登録時特許庁印紙代 登録時手数料 総計
1 無料 12,000円 30,000円 16,400円 33,000円 91,400円
2 無料 20,600円 50,000円 32,800円 53,000円 156,400円
3 無料 29,200円 60,000円 49,200円 63,000円 201,400円
4 無料 37,800円 70,000円 65,600円 73,000円 246,400円
5 無料 46,400円 80,000円 82,000円 83,000円 291,400円

商標登録費用料金の一覧表(10年分:出願と登録分合計)

次にファーイースト国際特許事務所の10年分の商標登録費用料金の一覧表を示します。

10年登録分の費用です。また事務所手数料には請求時に適用される消費税が加算されます。

区分数 調査料 出願時特許庁印紙代 出願時手数料 登録時特許庁印紙代 登録時手数料 総計
1 無料 12,000円 30,000円 28,200円 33,000円 103,200円
2 無料 20,600円 50,000円 56,400円 53,000円 180,000円
3 無料 29,200円 60,000円 84,600円 63,000円 236,800円
4 無料 37,800円 70,000円 112,800円 73,000円 293,600円
5 無料 46,400円 80,000円 141,000円 83,000円 350,400円

(4)まとめ

以上、商標登録を代行してもらうメリットを7つ、デメリットを3つご説明しました。

商標登録の代行を例えて言えば、山岳ガイドをつけるようなものだと、思ってください。山岳ガイドさんは、山の癖や難所を知っています。だから危機が起きても、適切に対応することが出来ます。

商標登録を専門家に代行させることも、同じです。初めての方では分からない難所を知っているので、柔軟に適切な対応ができると、ご理解いただければ、分かりやすいのではないでしょうか。

ファーイースト国際特許事務所
所長弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247

テレビラジオ商標登録の話題

FMのラジオ局であるJ-WAVEから出演依頼があり、6月24日の月曜日にJ-WAVEのある六本木ヒルズに行ってきました。

JAM THE WORLDのブレークスルーのコーナーで、野中ナビゲーターと共に職務発明について解説しました。 続きを読む: “FMラジオのJ-WAVEに出演、職務発明について解説しました。”

テレビラジオ商標登録の話題

マスコミから取材あり

商標登録に関連して昨日はマスコミから取材が2件ありました。

1件は現在話題になっている問題についてコメントするもので、取材記者から法律の背景や問題について質問を受けました。
この記事は近日中に雑誌に掲載されるそうです。

もう一つの案件は商標法の改正に絡む取材で、こちらは記事の執筆依頼です。

テレビに多く出演し、新聞、雑誌でファーイースト国際特許事務所が商標登録についての取材を多く受ける影響で、マスコミからの取材も多くなっています。

詳しい専門家でもテレビに出演させることができない人がいる

先日テレビに出演させて頂いたときにテレビのディレクターから面白い話を聞くことができました。

テレビ局側からすると、誰でもテレビに出すわけにはいかない、とのことです。

テレビのディレクターは、「専門家であっても話が上手なだけの方もテレビには出さないし、知識が豊富なだけの方もテレビには出さない。」とはっきり言っていました。

つまり知識があって話すことができるレベルでは足りない、ということです。

取材依頼のときの電話の時点で、テレビに出させるかどうかのディレクターの選別が始まっていることになります。

また昨年、ダイヤモンド社から商標登録の本を出版した影響もあり、この本の影響でこれまでお付き合いのなかった方々からも多く声を掛けて頂くようになりました。
本当にありがたいことです。

テレビ、雑誌、書籍などを通じて、商標登録の重要性を伝えることのできる機会が与えられるのは幸運なことです。

人生の中で直接法律に関係する機会はあまりないと思います。

直接法律により他の誰かから何かを言われるのは、私は、道交法と商標法くらいではないか、と思っています。職種によっては薬事法、景品表示法等の他の法律にひっかかることはあるかもしれませんが、おそらく道交法と商標法に絡むものが多くなると思います。

商標法はそれほど重要な法律であるにも関わらず、あまり普段の生活の中で取り上げられないのには理由があります。

それは、ビジネスが順調でなければ商標登録の問題に巻き込まれる可能性が低い、という点にあります。

ビジネスをしていても、商売が順調でなければ商品やサービスを扱う機会が少ないわけですから、こちらの活動を商標権者が発見するのに時間がかかるからです。

逆にビジネスが順調になり、ある一定レベルの売上げ規模に到達すると、商標登録のシールドがないと商標法絡みの攻撃がくるようになります。

商標登録に関する攻撃がくるほどビジネスが順調になる前に、攻撃に備えて準備をしておく必要があります。

これからビジネスを始める多くの方に、商標登録の重要性を是非知って頂きたいと私は考えています。

ファーイースト国際特許事務所
所長弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247