今日の登録査定は6件でした。感謝!

今日も特許庁から商標登録の査定が6件来ました。後は登録手続きを行えば商標権が発生します。この登録査定が特許庁から届くとひと安心です。昨日の登録査定は1件でしたので、この様にまとめてくると嬉しさもひとしおです。私たちのように、年間数百件の出願を行いますと毎日のように特許庁から指令応答が届きます。

本日も審査合格通知の登録査定が6件

今日も特許庁から商標登録の査定が6件来ました。

後は登録手続きを行えば商標権が発生します。この登録査定が特許庁から届くとひと安心です。

昨日の登録査定は1件でしたので、この様にまとめてくると嬉しさもひとしおです。

私たちのように、年間数百件の出願を行いますと毎日のように特許庁から指令応答が届きます。

今回の様に登録査定の場合もあれば拒絶するとの通知を受けることもあります。

特許庁審査官への泣きの一回

審査官が審査した結果、商標法に定める要件を満たしていないと判断した場合にはいきなり拒絶査定にはせず、出願人に最低一回は意見を述べる機会を与えてくれます。

私たちはこれを「泣きの一回」と呼んでいます。

この泣きの一回で審査官の認定を覆すのが腕の見せ所です。

注意点としては拒絶理由が複数ある場合にはすべての拒絶理由を解消しないと出願全体が拒絶査定になってしまうことです。このため慎重に対応する必要があります。

また法律に定めた要件をすべてクリアしていることも必要です。

感情論やこれまで商標を育ててきた想い等は審査官は考慮してくれません。

あくまで法律に定めた要件を満たしているかどうかを判断します。

私たちファーイースト国際特許事務所では長年の経験と豊富な経験を併せ持っていますので、ほぼどのような形の拒絶理由にも対応することができます。

昨日はオーストラリアからのお客さまが事務所にお越しくださいました。

また本日はドイツのお客さまが事務所にお越しくださいました。

北海道から沖縄まで広く日本のみならず世界中からファーイースト国際特許事務所にお客さまが来てくださいます。本当にありがたいことです。

ファーイースト国際特許事務所
弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247

よく読まれている記事

議論に参加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です