テレビ朝日に出演、特許の専門家としてコメント

2011年6月28日のテレビ朝日 「モーニングバード」にファーイースト国際特許事務所の平野泰弘所長弁理士が特許の専門家として出演しました。
中国の新幹線に関する発明を中国が米国に特許出願する計画の件について、特許の専門家としてテレビ朝日に出演し、コメントしました。

【テレビ朝日 「モーニングバード」 平成23年6月28日放送】

2011年6月28日のテレビ朝日 「モーニングバード」にファーイースト国際特許事務所の平野泰弘所長弁理士が特許の専門家として出演しました。

中国の新幹線に関する発明を中国が米国に特許出願する計画の件について、特許の専門家としてテレビ朝日に出演し、コメントしました。

特許出願前に実施されている発明については原則として特許を受けることができません。このため仮に中国が米国に新幹線に関する技術を特許出願したとしても、日本で運用されている新幹線が直接影響を受けるわけではありません。

しかし中国が新幹線の技術について米国で特許出願するのであれば、やはり特許明細書の中で日本の新幹線の技術に多少なりとも触れる必要があると思います。

また仮に米国で中国の新幹線に関する技術が特許になり、中国の新幹線についての特許発明が米国で実施されることになれば、間接的ではありますが、日本の技術が日本側の意図とは関係なく中国以外の国で実施されることになります。

今後の友好な日中関係の維持を考えるのであれば、事前にそれなりの相談が中国側から日本にあってもよいのではないか、というのが私の個人的な考えです。

また特許のみならず、中国では商標登録出願の件数が日本の出願件数を遥かに超えるに至っています。

特許の面でも商標登録の面でも中国から目が離せそうにありません。

ファーイースト国際特許事務所
所長弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247

よく読まれている記事

議論に参加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です