商標登録は会社で登録するか個人で登録するか

商標登録は会社等の法人のみならず、個人でも受けることができます。商標権は自由に移転することができますので、個人の商標権を法人に移転することもできますし、逆に法人の所有する商標権を個人に移転することもできます。また商標権は共有することもできます。

商標登録する際に誰が商標権者になるか悩むことはないでしょうか。

商標登録を受けることができるのは会社等の法人に限定されず、個人でも受けることができます。

商標権を個人と会社との共有にすることも可能ですし、複数の個人による共有にすることも可能です。

会社を所有されている場合には会社名義にしてよいと思います。

個人で商標権を保有している場合、ご自身が経営する会社がその商標権を使用できるかどうかについては特段問題はありません。

この場合にはあなたが会社に商標権をライセンスすることになります。

商標権は自由に移転することができますので、個人で保有している商標権を会社に移転することができますし、この逆に会社の保有している商標権を個人に移転することもできます。

ただし商標権は財産権ですので会社の保有する商標権を個人が勝手に処分することはできず、きちんと規定に従って移転する必要があります。

よく読まれている記事

議論に参加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です