商標

(1)江戸時代から受け継がれた果物へのこだわり

(1−1)千疋屋の始まりとは?

千疋屋の歴史は古く、創業は江戸時代となります。

1834年に初代・大島弁蔵が「水菓子安うり処」という看板を掲げ、ぶどうやびわ、柿などの果物や、野菜を売る店を始めました。

弁蔵は武蔵国埼玉郡千疋の郷(現在の埼玉県越谷市)の侍だったことから、「千疋屋弁蔵」を名乗り、後にこれが屋号となります。
続きを読む: “高級果物の名店・「千疋屋」に関する商標”

商標

(1)「江戸」の名前を戴く地域団体商標

(1−1)いまも息づく職人たちの技

江戸時代、幕府は京都から名工を呼び寄せ、職人たちの育成に力を注ぎました。
そして町人文化が栄えた頃には、江戸の人々に愛された名品が数多くつくり出されます。

このような伝統工芸品などは、時代を越えて技術が受け継がれていき、現在は、地域団体商標として登録されているものもあります。 続きを読む: “多くの人に親しまれる「江戸」に関係する商標”

商標

(1)「ファイナンシャル・プランナー」とは?

(1−1)多方面にわたる豊富な知識とネットワーク

最近では、メディアに登場する機会も多いファイナンシャル・プランナーですが、実際はどのような業務を行っているのでしょうか?

この先の目標を実現するため、現状を把握し、資金計画を立て、経済面から導いていく方法は、「ファイナンシャル・プランニング」と呼ばれています。

続きを読む: “人生設計の味方・ファイナンシャル・プランナーに関する商標”

商標

(1)沼津港深海水族館の商標とは?

(1−1)小さな絵に込められた水族館の目玉

まずは、下の商標をみてみましょう。
沼津港深海水族館では入り口やホームページなど、さまざまなところでこの商標が使われています。

続きを読む: “商標にこめられた水族館の見どころ 〜沼津港深海水族館”

商標

(1)ブーム先駆けの地で堪能する絶品たまごかけごはん

(1-1)こだわりを追求できる「日本たまごかけごはんシンポジウム」

10月30日は「たまごかけごはんの日」ということをご存知でしょうか?

これは「日本たまごかけごはん楽会」(当時)によって決められたものであり、2005年に行われた第1回「日本たまごかけごはんシンポジウム」の開催日にちなんでいます。
続きを読む: “食卓の定番・たまごかけごはんも商標と縁があります”