ブランディング登録商標

多くの物は購入するときの価値が最も高いのが普通です。

例えば、乗用車、バイク、自転車、テレビ、冷蔵庫、オーディオ機器、パソコン、オフィス家具、スーツ、バッグ、靴、マンション、時計等々。これらのものは購入した時点の価値が最も高く、その後時間の経過と共に価値が下がっていきます。

もちろん例外品はありますが、通常はこれらのものを下取りに出すときに価値の低下を痛感するはずです。場合によっては手放すときにこちらがお金を払わなくてはならない場合もあります。

多くの方は高級マンション、ブランドファッション、高級外車等を価値ある資産と考えているようですが、実際は一部を除いてこれらは価値ある資産とは呼べません。

税務会計上資産と呼ぶ場合はあっても、時間の経過と共に価値が下がっていくものは「ゴミ」です。多くの方は一所懸命ゴミを集めて身につけようとします。

ゴミのやっかいな点は時間の経過と共に価値が下がっていく点です。さらにそれだけではありません。ゴミを集めれば集めるほど、ゴミの維持管理にもお金が掛かる。この点がやっかいなのです。

ゴミを集めるのにお金が掛かるばかりか、さらにその維持管理にもお金がかかるので一度ゴミを集め始めると現状を維持するためにさらに働いてお金を稼がなくてはならない悪循環に入ります。

これが多くの方の歩む人生です。

あなたの場合は違います。あなたの場合は、時間の経過と共に価値が上がるものを身につけるのです。税務会計上時間の経過と共に価値が下がるものも資産と呼びますが、それは実質的に資産とは呼べません。高級外車も高級マンションも高級スーツも高級腕時計も時間の経過と共に通常は価値が下がりますから資産とは呼べないのです。

時間の経過と共に価値が伸びるもの、それはこれまであなたの視点に全くなかったものです。

なぜこれまで時間の経過と共に価値が伸びるものを身につけようと思わなかったのでしょうか。それは多くの方は現時点で価値が最も高いものを探しているからです。そして現時点で最も価値の高いものをもっとも安価に手に入れることを一つの行動基準としています。

ところが知的財産権は別です。その権利を取得した時点の価値が最も低いのです。例えば発明の場合は特許権取得の条件の一つに「他の誰も知らない秘密の状態にあること(新しいこと=新規性)」という条件があります。誰も知らないものに価値を見出すのは困難ですから新たに取得した特許権の取得時点の価値はほぼゼロに等しいです。

特許権の価値が本当に認められるのは特許発明品が市場で爆発的に売れてからです。
(市場に受け入れられず、全く売れない商品に関する特許権の価値は高々知れたものです)

商標の場合も同様です。商標権の価値は取得した時点の価値がもっとも低いのです。

でも商標権の場合は未来に向かってその価値が無限大に伸びていくのです。

たとえばセブンイレブンの商標権も、ユニクロの商標権も、コカコーラの商標権も、あなたの商標権も、現時点で一番最初に取得できたと仮定すると、どの商標権も私の事務所で手続きするかぎり費用は全く同額です。

でもその後の価値の伸び具合を見てください。

セブンイレブン、ユニクロ、コカコーラ等の商標権は、いくらのお金を積めば譲って貰えると思いますか。

商標権の価値の破壊力はほぼ無限といってもよい。

しかも商標権は土地の権利と同じで、ライセンスにより収益を上げることもできますし、売却して収益を上げることもできます。しかも10年ごとの更新により権利をほぼ永久的に保持することもできます。

商標権のブランドと聞けば、高級外車や高級ブランドファッションを連想するかも知れませんが、そのような個々の商品を購入して身にまとうことをブランド化とはいいません。

商標権の本質は、現時点で価値のないものを手に入れて、将来に向かってその価値を無限大に伸ばしていくところにあります。

そしてその価値を無限大に伸ばしていくステップのことをブランド化、といいます。

あなたにはブランド化の本質が見えていますか。

ファーイースト国際特許事務所
弁理士 平野 泰弘
03-6667-0247

商標登録の話題

10月に入ってから次から次へとお客さまが来て下さるようになりてんてこ舞の毎日を送っています。

商標登録の出願処理のみならず、特許庁からの通知対応、審査官との打合せ、登録料の納付、商標権の移転や更新申請の他、外国出願、特許出願等もあり現在フル稼働状態です。

でも多くの方に来て頂ける事務所になってつくづく良かったと感じてします。

感謝、感謝の毎日です。

今日は「なめ猫」をプロデュースしている会社に行って、なめ猫グッズを一杯貰ってきました。

なめ猫の免許証(最近発売したものは2000万枚は出荷したそうです。なお2000枚ではありませんので、念のため。)もちゃっかり貰ってきました。

25年前に爆発的に流行したキャラクターグッズが21世紀でも売れる。

凄いですね。ブランドの力をしみじみと感じてしまいます。

秋葉原にきたら是非うちによってくださいね。

なめ猫グッズを無料で差し上げます♪
(社長にバレたら怒られるかもしれませんので、内緒にしておいてくださいね!)

ところで「なめ猫」って、なんだ?、という方も中にはいらっしゃるかも知れません。

「なめ猫」は・・

大人だけが知っているキャラクター、ということにしておきます。

ファーイースト国際特許事務所
弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247

(*電話でなめ猫グッズが残っているかどうか確認してから来てくださいネ。)

ブランディング登録商標

商標登録できる商標には制限があります。

例えば、お酒屋さんが商品「お酒」について商標「お酒」を商標登録することはできません。

一人のお酒屋さんに商標「お酒」の登録を認めると他のお酒屋さんが困るからです。 続きを読む: “商標登録のための商品ネーミング”