商標権

今回は実際に裁判で争われた事例を題材に、商標権を巡るトラブルについて解説したいと思います(当事者を特定できないように事案に変更を加えています)。 続きを読む: “登録商標の使用を許可した後に、事件を起こして逮捕されたら?”

商標権

商標権は特許庁に商標登録出願を行い、商標登録の手続きを経て得られるものです。

商標権は自由に売買により移転することもできますし、商標権者がなくなった場合にはその商標権は相続されます。

また他人に貸すことも可能です(ライセンス)。

事業を移転するときには独立して商標権を売却することもできます。

たとえていうなら、商標権は土地の権利と同様な性質を持っています。

都内の一等地の土地の価格が膨大なように、大きな顧客吸引力をもつ商標権は膨大な価値が生じます。

有名な頭痛薬に関するの商標権の場合、ライセンスに関する権利の取引だけでも数百億円規模になる場合もあります。

また例えば鹿島アントラーズの商標権を売ってください、と私が1億円を持ってお願いに伺っても、恐らく鹿島アントラーズはその商標権を1億円程度では売ってくれないと思います。

商標権はきっちり取得してじっくり育てる必要があります。

登録商標

登録商標による商標権の性質は土地の権利の性質に似ていると思います。

他人が勝手にこちらの土地に侵入しようとすると出て行くように注意することができるように、商標権を保有している場合にはこちらの登録商標を無断で使用する者に対して使用を止めさせることができます。

また土地を人に貸して賃料を得るように、商標権をライセンスすることにより収益を上げることができます。

さらには土地を売却してまとまったお金を得ることができるように、事業売却、M&Aの場面でも商標権を売却することができます。

単にブランド保護だけではなく、将来の事業売却も見据えて長い目でブランドを育てていく必要があります。

大切にブランドを育てた場合には将来数千万円、数億円の価値が実際に生じるのに対し、ブランドの育成を怠っているといつまで経っても他社と差別化できないままに終わってしまいます。

ファーイースト国際特許事務所
所長弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247