商標登録の話題

商標登録をしていなくて会社名を変更した事例

事業を開始する際には商標登録を検討した方がよいです。

先日、新たに会社を設立したお客さまがいらっしゃいました。

お客さま自ら会社名と同じ商標があるのかどうかを調べ、なかったため会社設立を行いました。

その後、全ての作業が終了したので商標登録をしようと思いもう一度調べ直したら設立した会社名と同じ商標登録出願が見つかったそうです。

もし最初に私に相談いただいていたら、と残念な気持ちになります。

商標登録は最初に行うのが原則。後からだと費用と手間が大変に

商品の売り始め、会社の設立時に商標登録をしようと考える方は少ないのが実情です。

でも商標登録のタイミングとしてはその商標が世の中に知られる前に行うのが一番です。

今後有名になりそうだ、しかも商標登録出願もされていない、ということが分かると他人に商標登録出願をされてしまう場合があります。こうなると大変なことになります。

最悪のケースは、自分が手塩に育ててきたブランドが他人により商標登録されているのをみたときです。でもこの様な事態はできるだけ回避するべきです。

商標登録のタイミングは難しいのですが、長年使用してきて有名になったのでそろそろ商標登録するか、というのは多くの場合タイミングとしては遅いです。

現在使用している商標が他人の登録商標と類似している場合、それは他人の土地を一所懸命耕しているのと同じです。

土地の所有者から出ていくように言われます。合法的なブランドの乗っ取りが行われる場合があるのです。

これを避けるためには最初に商標登録を済ませておくのがよいです。

商標登録を済ませておけば、その登録商標を権利範囲内で使用している限り他人から商標権の侵害で訴えられることはありません。

以降、安心して登録商標を使用することができます。

ファーイースト国際特許事務所
弁理士 平野 泰弘
03-6667-0247

商標登録の話題

商標登録する際に誰が商標権者になるか悩むことはないでしょうか。

商標登録を受けることができるのは会社等の法人に限定されず、個人でも受けることができます。

商標権を個人と会社との共有にすることも可能ですし、複数の個人による共有にすることも可能です。

会社を所有されている場合には会社名義にしてよいと思います。

個人で商標権を保有している場合、ご自身が経営する会社がその商標権を使用できるかどうかについては特段問題はありません。

この場合にはあなたが会社に商標権をライセンスすることになります。

商標権は自由に移転することができますので、個人で保有している商標権を会社に移転することができますし、この逆に会社の保有している商標権を個人に移転することもできます。

ただし商標権は財産権ですので会社の保有する商標権を個人が勝手に処分することはできず、きちんと規定に従って移転する必要があります。