区分を指定しないで商標登録する方法
商標登録を特許庁で

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

(1)願書に区分や商品役務を書かないとどうなるか

権利範囲を限定せずに商標権を取得したい

商標権を取得する際に、その権利範囲を限定する区分や商品役務を記載したくない、という要望が多くよせられます。 続きを読む: “区分を指定しないで商標登録する方法”

お菓子に関する商標はどの区分で登録したらいいですか?
商標登録の区分

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1、お菓子の区分は第30類

菓子が含まれる区分は、第30類になります。類似群コードは(30A01)です。

お菓子の区分

第30類に含まれる商品は以下になります。 続きを読む: “お菓子に関する商標はどの区分で登録したらいいですか?”

スポーツに関わる商標はどの区分で出願したらいいですか?
商標登録の区分

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1、商品や役務の区分ってどうやって調べるの?

商標登録は商標について商品やサービスを指定して、出願することになります。

商品やサービスがどの区分にあてはまり、どの類似群コードが付いているかは、特許庁のプラットパットで調べることができます。

それでは、例として、運動する場合に欠かせない・・・「ランニングシューズ」を調べてみましょう。 続きを読む: “スポーツに関わる商標はどの区分で出願したらいいですか?”

アパレル分野に関する商標の区分分類を一挙に解説
商標登録の区分

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

ⅰ まずはじめに

 商標登録制度は商品またはサービスに使用する名称やマーク等の目印を法律によって保護する制度です。

また、商品とサービスは国際分類に則ったクラス編成がなされており、商標登録出願をする場合、提出する願書ではクラス(区分)を記載した上で具体的な商品又はサービスを指定する必要があります。 続きを読む: “アパレル分野に関する商標の区分分類を一挙に解説”

2017年の商標権約9万件の商標登録区分の分布状況調査
ファーイーストならどうするの?

(1)2017年分(11月22日まで)で最も人気のある商標登録区分は?

最も人気のある区分は第35類の広告業・小売役務商標に関する区分

平成29年1月の初めから11月22日までに発行された商標権についての商標公報から8万9693件についての取得区分の分布をさくっと調べてみました。 続きを読む: “商標登録で最も人気の高い区分はどれですか?”