商標でGoogleの検索に配慮する際、注意することはありますか?
商標権

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.メタタグ

 ウェブサイトは、事業者が需要者に商品やサービスを伝える手段として、広く活用されていますが、そもそも需要者にウェブサイトを見つけてもらうことが必要です。

需要者が商品やサービスを求めてウェブサイトを探す際、通常、Googleなどの検索エンジンを利用するところ、事業者は自己のウェブサイトが検索エンジンの上位に表示されることを望みます。

そのため、検索エンジンの傾向を分析した上で、自己のウェブサイトが上位に表示されるよう、ウェブサイトを設計することになります。

検索エンジン最適化(Search Engine Optimization, SEO)と呼ばれるものです。 続きを読む: “商標でGoogleの検索に配慮する際、注意することはありますか?”

先生!どんな時に並行輸入が商標権侵害になるのですか
商標権

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.まずはじめに

商標権者は指定商品又は役務に登録商標を使用する権利を独占します。また、登録商標と同じ商標が付された商品を国内に輸入したり、輸入した商品を販売したりする行為は、商標の使用に該当します。 続きを読む: “先生!どんな時に並行輸入が商標権侵害になるのですか”

「人」でなくとも商標権を取得できますか?
商標権

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.出願人となれる者

 商標登録出願は、特許庁長官に対し、商標権の取得を求めるものです。商標権の取得を求める出願人は、権利の主体となることができる者でなければなりません。権利の主体(義務の主体)となることができる資格を権利能力といいますが、権利能力を有する者は、自然人と法人に限られます。自然人とは個人のことであり、法人とは自然人以外で法律に基づき権利能力を認められたものを指します。 続きを読む: “「人」でなくとも商標権を取得できますか?”

商標権と著作権-著作権の処理は終わっていますか?
商標権著作権

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.商標権と著作権

文字だけが商標として登録を受けることができるものではありません。

図形等を含む商標も登録を受けることが可能であり、例えば、以下のように、アニメーションのキャラクターを含む態様で商標登録を受けている例も多く見受けられます。 続きを読む: “商標権と著作権-著作権の処理は終わっていますか?”

先生!なんで商標権は登録によって発生するの
商標権

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.登録主義

答えは権利の安定性のためです。

商標権は侵害したものに対して、差止請求(36条)や損害賠償請求(民法709条)が可能であり、また最悪の場合、刑事罰の適用もある(78条等)極めて強力な権利です。

つまり、誰が、何時、どのような商標を、何を指定して登録したのかはあらかじめ登録して、その登録内容を公示しておくことが望ましいとの立場を日本の商標法は採用しました。

このような法制度を「登録主義」と呼びます。 続きを読む: “先生!なんで商標権は登録によって発生するの?”