先生!なんで商標権は登録によって発生するの
商標権

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.登録主義

答えは権利の安定性のためです。

商標権は侵害したものに対して、差止請求(36条)や損害賠償請求(民法709条)が可能であり、また最悪の場合、刑事罰の適用もある(78条等)極めて強力な権利です。

つまり、誰が、何時、どのような商標を、何を指定して登録したのかはあらかじめ登録して、その登録内容を公示しておくことが望ましいとの立場を日本の商標法は採用しました。

このような法制度を「登録主義」と呼びます。 続きを読む: “先生!なんで商標権は登録によって発生するの?”

商標権の効力とは何ですか?
商標権

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

ⅰ まずはじめに

商標登録は読んで字のごとく、「商い」で使われる「標(しるべ)」を法律によって保護する制度です。 続きを読む: “商標権の効力を決めるものとは何ですか?”

ファーイーストならどうするの?

索引

(1)商標権はいつまで続くのでしょうか?

続きを読む: “適切に商標権を更新し、権利を守り続けましょう”

商標権

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

(1)商標権の侵害とは?

特許庁に商標登録出願の手続をすることにより、審査を経て特許庁における設定登録により商標権が発生します。商標権の怖いところは、商標権の存在を知らなくても、商標権に抵触する行為をすれば商標法に違反したとして警告や罰則を適用されることがある、ということです。 続きを読む: “商標権侵害の基準とは?警告された場合の対応と罰則の内容”

ファーイーストならどうするの?

はじめに

小田原かまぼこの商標は地域団体商標として特許庁に登録されています。地域団体商標は協同組合等に限って商標権が認められる制度ですが、今回は商標権者である小田原蒲鉾協同組合に加入していない地元業者が無断で小田原かまぼこを使用したとして商標権侵害で訴えられました。

これに対して訴えられた地元業者側は商標権が発生する前から使用していたのだから関係がない、と主張しています。今回は地域団体商標の商標権侵害問題について解説します。
続きを読む: “小田原かまぼこの地域団体商標権侵害問題とは”