侵害警告にはどう対応したらいいですか?
商標権弁護士

(1)商標権侵害の警告

不登録商標の使用のリスク

事業者がビジネスを行う場合、商品やサービスを供給することになりますが、自社の商品やサービスが他社のものと区別できるようにする必要が生じます。区別のため使用するのが「商標」であり、商標はビジネス活動と切っても切り離せない関係にあります。 続きを読む: “商標権等の侵害警告にはどう対応したらいいですか?”

たこ焼き「くくる」の商標権問題でTBSグッとラック!でコメント
テレビラジオ

(1)商標「くくる」の商標権はどうなっているのか

くくる関係の商標は1997年から取られている

たこ焼きチェーン店を全国で多数展開する白ハト食品工業が、複数の飲食業者にくくる関係の商標を使わないよう警告書を送付していたことが報道されています。 続きを読む: “たこ焼き「くくる」の商標権問題でTBSグッとラック!でコメント”

相続した商標権にも相続税はかかるかも?
商標権

1.相続の場合

Aさんのお父さんが亡くなり、財産を相続することになりました。

なおAさんのお父さんは個人事業でパン屋さんを営んでおり、商標権をいくつか持っていました。
さぁ、Aさんは何をしたらいいでしょう? 続きを読む: “相続した商標権にも相続税はかかるかも?”

会社合併・分割で持っている商標権はどうなるの?
商標権

1.A会社がB会社を吸収合併した場合

業績好調なA会社、このたび、B会社を吸収合併することになりました。 続きを読む: “会社合併・分割で持っている商標権はどうなるの?”

商標権の売値をシンプルに求める方法
商標登録の費用と料金

(1)商標権は売ることができる?

はい。商標権は財産権なので売却することができます

商標権の性質は、他人に登録商標を使わせない点に着目されることが多いです。しかし商標権を保有する最大の理由の一つは、商標権が売却できる権利であることにあります。 続きを読む: “商標権の売値をシンプルに求める方法とは?”