商標

(1)ラグビーワールドカップ2019と商標

(1−1)ラグビーワールドカップについて

ラグビーはイングランドで生まれたスポーツで、7人制、10人制など選手の人数の違いや、激しい接触プレーの有無などルールの異なるものがいくつかあります。

そのなかでも15人制はラグビーという競技の中心であり、世界一のチームを決定するワールドカップが男女ともに行われています。

2019年に日本で行われるワールドカップは男子の大会であり、アジアで初めての開催となります。
続きを読む: “商標とラグビーのつながりとは?”

商標登録の話題

(1)「大曲の花火」と商標のかかわり

毎年、8月末に秋田県で行われる全国花火競技大会は、「大曲の花火」として広く知られ、日本三大花火大会の1つに数えられています。
その歴史は古く、第1回目が行われたのは明治時代(1910年)というから驚きです。
続きを読む: “商標登録で花火を保護するには?”

ファーイーストならどうするの?

(1)アイコンは商標登録できるの?

iPhoneやandroidのスマートフォンのアプリには、アイコンが目印となるものもあります。これらは、商標権で保護することができます。

またアイコンはデザイン性があるため、意匠法でも保護されるのでは、と思った方もいらっしゃるかもしれません。意匠登録できる場合とできない場合があります。 続きを読む: “アイコンは商標登録した方がいいですか?”

ファーイーストならどうするの?

(1)商標登録できる人名とは?

商標法では「ありふれた氏または名称を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標」は商標登録できないと規定しています(商標法第3条第1項第4号)。 続きを読む: “人名は商標登録できるのでしょうか?”

商標登録の話題

(1)祭りを影から支える商標登録

(1−1)「東北六魂祭」から「東北絆まつり」へ

2017年6月、仙台で「東北絆まつり」が2日間にわたって実施されました。
これは2011年から行われていた「東北六魂祭」を引き継ぐものとして、今年、初めて開催されたものです。

「東北六魂祭」は2011年に起こった東日本大震災の鎮魂と、東北復興への願いを込めて、同年7月に第1回目が仙台市で行われました。
このメインイベントとして、東北を代表する以下の祭りが一堂に会する「6大祭りパレード」も行われました。
続きを読む: “祭りのイベントと商標登録の深いかかわりとは?”