ファーイーストならどうするの?

索引

  1. 民進党の文字商標が第三者によって出願された経緯
  2. 民進党は、「民進党」の表記を使えなくなるのでは
  3. 特許庁は商標の横取り出願をどのように扱うか
  4. 裁判所は商標の横取り出願をどのように扱うか

(1)民進党の文字商標が第三者によって出願された経緯

新たな政党「民進党」について、この党名を民進党より先に特許庁に商標登録出願した第三者がいます。この第三者のことを、今はA社としましょう(A社は世間を賑わして有名になりたい意図も持っているでしょう。そんな意図を流し去ってしまうために以降は匿名のA社にして、徹底的にスルーしましょう)。

事件の概要は次の通りです。

続きを読む: “民進党の商標が第三者に商標登録出願されている問題の解説”

ファーイーストならどうするの?

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

文字商標はどの形式でいくのが損をしないか

文字だけの商標について、平仮名でいくのか、片仮名でいくのか、またはアルファベットでいくのかは悩ましい問題です。

商標「ファーイースト国際特許事務所」の場合で説明します。
続きを読む: “商標は、ひらがな・カタカナ・アルファベットのどれが良いか”

商標登録を特許庁で

(1)字体だけが違う場合はどちらがよいですか?

続きを読む: “ロゴ商標と文字商標とではどちらを選択すべきか。そのメリットデメリットについて”