商標

(1)「江戸」の名前を戴く地域団体商標

(1−1)いまも息づく職人たちの技

江戸時代、幕府は京都から名工を呼び寄せ、職人たちの育成に力を注ぎました。
そして町人文化が栄えた頃には、江戸の人々に愛された名品が数多くつくり出されます。

このような伝統工芸品などは、時代を越えて技術が受け継がれていき、現在は、地域団体商標として登録されているものもあります。 続きを読む: “多くの人に親しまれる「江戸」に関係する商標”