アディダスEU商標無効問題についてフジテレビ「めざまし土曜日」で解説
テレビラジオ

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

(1)欧州のアディダスの三本ライン商標とは何か?

三本の平行な等しい幅で同じ長さのストライプ商標

今回問題となったのは、2013年12月18日に欧州連合知的財産庁に登録申請されたアディダスの三本ライン商標です。この商標は一度2014年5月21日に登録されました。しかしこの登録に不服を申し立てたライバル企業の主張が認められ、欧州裁判所でアディダスの三本ライン商標登録を認めない判断がなされました。 続きを読む: “アディダスEU商標無効問題についてフジテレビ「めざまし土曜日」で解説”

無効審決‐ロイヤルティは返してもらえますか?
商標権

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.特許等は無効となり得ること

産業財産権(特許権、実用新案権、意匠権及び商標権)は、審査を経て、設定の登録の後、発生する権利です。

例えば、特許権に関しては、発明が新規性や進歩性などの登録要件を備えているかが審査され、新規性や進歩性などを欠くと認められなければ、特許査定がなされます。

商標権に関しても、出願商標が登録要件を備えているかが審査され、登録事由に関して欠けるところがないと認められれば、登録査定がなされます。

続きを読む: “無効審決‐ロイヤルティは返してもらえますか?”

商標

仲間同士で色々相談していて、ビジネスを立ち上げる準備をしていた、とします。

このとき、仲間の一人がこちらを裏切って、無断で特許庁にみんなで使うはずの商標を登録してしまった場合には、法律的にはどうなるのでしょうか。 続きを読む: “仲間が無断で商標登録をしてしまった場合”