数年後、抹消されることも‐無効審判
商標権取得後

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.過誤登録と無効審判の制度

登録商標は、特許庁の審査官の審査を経て、拒絶の理由がないと判断された商標です。 続きを読む: “数年後、抹消されることも‐無効審判”

先生!今度無効審判を請求しようと思ってます
ファーイーストならどうするの?

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.まずはじめに

商標法には無効審判の制度が設けられており、一定の無効理由に該当する場合には、その登録処分には瑕疵があるとして審決によって登録処分を無効に導くことが出来ます。 続きを読む: “先生!今度無効審判を請求しようと思ってます”

商標登録の話題

商標登録の異議申立と無効審判とはどこが違うのか

商標法では商標登録後であってもその登録を取り消したり無効にしたりする手続きが定められています。特許庁の判断に誤りがあったり、何らかの間違いがあって登録されたりしたものを放置しておくのは具合が悪いからです。 続きを読む: “商標登録の異議申立と無効審判の違い”

商標登録の話題

他人の商標登録に対する異議申立と無効審判とは

商標登録により商標権を取得することができます。

これにより、指定した商品・役務(サービス)に類似する範囲内で登録商標を独占排他的に使用することが可能になります。 続きを読む: “商標登録に対する異議申立と無効審判”