商標

1月に入っても事務所はフル稼働のままです。

特許庁から頂いた1月の商標登録査定の件数は52件でした。

登録査定とは審査に合格したことを意味します。

この審査の合格通知が1月に52件届きました。

後は登録の手続きを完了させるだけで52件分の商標登録出願から52件分の商標権が生じます。

これもひとえに私どもの事務所に来てくださったお客さまとの共同作業により得られた結果であり、事前の対応や特許庁からの指令対応に機敏に対応下さった方々に深く御礼申し上げます。

この様な素晴らしい実績を積み上げ続けることができるのも、私どもの事務所に集まるお客さまのおかげということができます。本当に感謝、です。

今後もファーイースト国際特許事務所はお客さま視点でお客さまにとって大切な商標権をお届け続けます。

ファーイースト国際特許事務所
所長弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247

商標登録を特許庁で

商標登録の出願をすると特許庁で審査が行われます。

審査にパスすると特許庁から登録査定の通知があります。

登録査定の通知後の手続きの流れは次のようになります。

1) 査定のお知らせ

審査をパスされた方に登録査定があったことをこちらからお知らせします。

登録査定を受けただけでは商標権は発生しません。別途登録手続を行う必要があります。

具体的には登録費用の納付をしなければなりませんが、5年分の納付と10年分の納付のいずれかを選択できます。

まずは5年分の登録料納付か10年分の登録料納付かをご連絡お願いいたします。

2) 請求書の発行

5年か10年かを連絡頂きますと、追ってFAXと郵送により請求書をお送りします。

期限までの対応にご協力くださるようお願いいたします。

3) 費用のお振込み

費用のお振込みを受けて、こちらで商標登録の手続きを行います。

4) 商標登録証の発行

商標登録の手続き後、約1か月ほどで特許庁からファーイースト国際特許事務所に商標登録証が送られてきます。これをあなたに郵送いたします。

登録証をあなたにお届けして一連の作業は終了します。

なお、自動車の運転免許と同じで、商標権についても更新申請により権利期間を更新することができます。

★注意点
住所変更、会社名変更などがある場合にはこの登録期間中にこれらの手続きを終える必要があります。
(変更手続きをしないと、古い住所や古い会社名のままで商標登録証が発行されてしまいます。)

住所変更などはもちろん登録査定前でも可能です。変更手続き等はお早目のご連絡をお願いいたします。

★現在登録査定を受けてから登録証が届くまでの段階にある案件は現時点で60以上あります。

順番に発送していきますので、商標登録証の到着を楽しみにしてお待ちくださいね。

ファーイースト国際特許事務所
弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247

商標登録の話題

昨日は登録査定5件、今日は登録査定を2件特許庁から頂きました。

最近では登録査定を頂かない日はない、といってもよいくらいです。

商標登録の査定を頂いた後は、登録手続きを済ませれば後は登録証が特許庁から届くのを待つだけです。

この様にすんなり登録査定になればよいのですが中には審査でひっかかる場合もあります。

特許庁における審査の結果、出願内容が商標法に定める不登録事由に該当すると審査官が判断した場合があります。

この場合にはいきなり拒絶査定にするのではなく、最低一回は再度の審査請求を行う機会が認められます。

実際には審査官と面談したり、証明書を提出したり、意見書を提出したり、手続補正書を提出したりします。

この結果、審査官の心証が逆転した場合には商標登録査定になりますし、逆転しなければ拒絶査定になります。

もちろん拒絶査定に対する不服申し立ても可能です。

拒絶査定に不服がある場合には特許庁に対して拒絶査定不服審判を行うことができます。

ファーイースト国際特許事務所
弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247

商標登録の話題

オフィスはフル稼動中

今日は私の各クライアントに商標登録証15通をそれぞれ発送しました。

商標登録証がもうすぐとどきますので、該当される方は楽しみにしておいてくださいね。

また今日は上記とは別に商標登録証が5通、登録査定が5件特許庁から届きました。

上記は私が特許庁から受け取った書類ですが、それとは逆に本日私が特許庁に提出した書類は全部で40件近くになります。

私のオフィスは特許庁でオンラインで結ばれているため、24時間365日のいつでも特許庁にデータを送り込むことができます。

数十件もデータを送り込む際には待機時間がありますので、その時間を見計らって現在ブログを書いています。

特許庁へのデータ送信が済んだら外国への手続きの開始です。

今日も欧州から催促の連絡がきました。

明日は特許権侵害の警告状、海外発送文書の翻訳、鑑定書の作成、明細書作成などが待っていてほとんど息をつく暇すらありません。

5年前に秋葉原で開業して以来、現在がいちばん仕事が充実しています。

100年に一度の不況はどこへいった?、というのが正直な感想です。

多くの方に支持されるというのは本当にありがたいことです。

本当に私は運がいいです。

・・・というか、ほとんど運だけでもっています♪

ファーイースト国際特許事務所
弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247