商標の手続中で失敗しやすい補正の注意点
商標登録を特許庁で

(1)間違えた商標を差し替える補正を行いたい

商標を間違えて出願した場合にはどうしたらよいか

結論からいうと、商標を間違えて出願した場合には、ほぼ回復手段がありません。 続きを読む: “商標の手続中で失敗しやすい補正の注意点”

先生!間違えがありました。直してもらえますか?
商標登録を特許庁で

1.商標登録出願中

特許庁に提出する権利申請書類は言わずと知れた「願書」です。出願した後に願書に記載された内容に修正を行う場合「補正手続」を行いますが、補正の手続には一定の要件があります。要件に違反し、要旨変更に該当すると判断された補正手続は却下されてしまいます。 続きを読む: “先生!間違えがありました。直してもらえますか?”

商標登録を特許庁で

初めに

特許庁に対する商標登録出願手続の場合、後から変更できる事項と変更できない事項があります。
商標の出願書類の審査合格前と、審査合格後とでは手続が異なる点にも注意しましょう。

目次

申請した商標を間違えた場合は?
申請した後に商品範囲等を変更する必要があったら?
権利者名を間違って記入した場合は?
住所を間違って記入した場合は?
商標登録の住所変更は?
結婚して名前が変わったら?
権利者の変更は?
個人から会社への名義変更は?
一人の権利を二人以上で持つ場合の変更は?
二人以上の権利を一人に集約する場合は?
権利が不要になったら?
出願した商標を売却する場合の変更は?
商標権を売却する場合の変更は?

続きを読む: “商標登録の変更手続が、明快に分かる!”