商標

公的機関に提出する書面は、公的機関に受理された時点で手続きが完了するものが多いですが、商標登録の場合は異なります。

提出した願書が法律上の要件を満たしているかどうかが方式審査によりチェックされますが、提出した願書が方式審査をパスしたとしてもそれで商標登録されるわけではありません。

方式審査の後に続く審査官の審査にパスしないと商標権は得られないのです。

一度出願した商標を後で改変することは認められませんし、指定商品や指定役務の権利範囲を拡張することも認められません。もし出願した後に商標の改変が許されるなら、とりあえず「イロハニホヘト」等といった意味不明の商標を出願しておき、ライバルが後から出願してきた内容に合わせて先の「イロハニホヘト」の商標をライバルの商標に置き換えてしまうことができるからです。

さすがにこのような行為は特許庁では認めません。

後で変更できないわけですから、事前の準備が非常に重要になります。

・・・というか、ここがキモの部分になるわけです。

出願した商標が他人の商標権の権利範囲と抵触することを理由として商標登録が認められない場合、出願しても単に登録が受けられない、というだけでは済みません。
他人の権利を侵害する商標を使用すると、商標権の侵害の問題が発生します。

このため、事前によく商標の事前調査をしておく必要があります。

ここの調査をなおざりにしておくと、後で困ることになります。

最初にしっかり商標の調査を行っておくことが、時間や費用の節約につながります。

ファーイースト国際特許事務所
所長弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247

商標登録の検索と調査

商標登録出願を特許庁に行ってもその内容は即時にデータベースに反映されるわけではありません。

商標登録出願がされた場合、特許庁で方式審査を行い、続いて実体審査を行います。

方式審査の段階では願書の記載事項が商標法上の要件を満たしているかどうかのチェックが行われます。

例えば、住所の記載の欄に、「東京都神戸市中央区」との記載があれば、これは「兵庫県神戸市中央区」の記載の間違いか、あるいは「東京都中央区」の記載の間違いの可能性があります。または全く違う住所の可能性もあるわけです。

このような記載ミスに特許庁が気が付いた場合には補正命令を出してきます。

この補正命令に指定期間内に対応しなければ商標登録出願が却下されます。

方式事項が法律に違反している場合にはこの違反事項を解消しないと出願する前の状態に戻ってしまいます。

次に願書の記載事項が一応法律に定めた要件を満たしている場合には、その内容が出願公開されます。

出願公開は出願日から約1か月ですが、その内容がデータベースに反映され、商標の調査を行った際に検索結果に反映されるまで2〜3か月かかる場合があります。

出願公開されてもそれで商標登録されるわけではありません。

次に出願内容を審査する実体審査が待っています。

実体審査では出願された商標が商標法上に定める拒絶理由に該当しないかどうかが調べられます。

入学試験の場合で説明すると、受けつけてもらえる入学願書を作成できるレベルと、入学できる学力を備えているレベルとは異なります。

特許庁に受理してもらえる形式上の要件と、商標登録されるかどうかの実体上の要件とはその基準が異なる、ということです。

実体上の要件を備えた出願のみが後日商標登録されることになります。

ファーイースト国際特許事務所
弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247

商標登録の検索と調査

商標の調査検索で問題となる先行商標が見つかった場合

商標登録の願書を特許庁に提出する前に、登録が可能かどうか事前に調査をしておく必要があります。

どんずばり同じものがあった場合には登録できないことが分かりますので比較的納得しやすいのですが、問題はグレーゾーンの悩ましい先登録の商標があった場合です。

例えば、「サンライズ」という商標が先に登録されているとします。

この場合、後から同じ指定商品について「スーパーサンライズ」とか「ウルトラサンライズ」とか「すごいサンライズ」とか「ビッグサンライズ」等の商標を出願しても認められない場合が多いです。

というのは程度を示すものを付加しても、程度を示す部分は万人が自由に使用することができる部分であるため、個人に独占権を認める部分ではないため、商標の類否判断においては重視されないからです。

このため、先登録商標である「サンライズ」の商標権の域を出ないものになりがちです。

ではどうすればよいか、というと、「サンライズ」が目立たない程度に図形を加えるなり、文字を加えるなりして薄めてしまう必要があります。

では文字や図形を付加すれば「サンライズ」を含む商標が登録されるか、というと、やはりグレーゾーンの部分が残ります。

実務では教科書通りにはいきません。悩ましいです。

ではどうすればよいかというと、サンライズについてはできる限りのことをやってみるのがよいと私は思います。

問題が発見された場合には二の矢、三の矢を準備する

けれども審査には平均で7か月程度の時間がかかりますので、7か月先になってサンライズの登録が認められないことが分かってから、「さあ、どうするか。」と悩んでいては対応に遅れます。

この場合は先登録商標とは異なる商標を考えてみるのも一つです。

最終的にどうすればよかったか、という質問に対する答えは一つです。

先登録の商標が出願する前に、こちらが商標登録出願を済ませておけばよかったのです。

けれども今となってはそれをいっていても始まりません。

権利がほしい商標についてはできる限りがんばって取得するように努力してみる。

その一方で、万が一、商標登録ができない場合に備えて二の矢、三の矢を考えてみる。

ファーイースト国際特許事務所では商標登録されない場合には一切事務所費用は頂いていません。

あなたの悩みを根本から解決できるよう、地の果てまでご一緒する心つもりで商標登録のご案内をしています。

ファーイースト国際特許事務所
弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247

商標登録の検索と調査

特許庁に商標登録する際には事前に似た商標が登録されていないかチェックする必要があります。

こちらが希望する業務分野について先に似た商標が登録されていると、あとから商標登録の手続きを行っても登録されないからです。

このため商標登録の前には商標の検索と調査を行うのが一般的です。

同じ商標が先に登録されているかどうかを調べるのは比較的簡単です。

どんずばり同じ商標を探せばよいからです。

問題は似た商標が存在するかどうか、です。

対比する二つの商標が互いに似ているかどうかを調べるのは簡単ではありません。

互いに似ていなければ商標登録の際に先の商標は問題となりませんが、
互いに似ていれば、先の商標が障害となって商標登録されない結果になります。

この似ている、似ていないの類否判断が難しいのです。

教科書的な典型事例を除き、実務上の類否判断は簡単ではありません。

また商標登録の検索と調査の際には図形商標が問題になります。

文字の場合、コンピュータを使えば比較的簡単に調査結果を入手することができますが、
図形商標の場合には先に登録されている商標と一枚一枚目視により対比して判断していく必要があります。

これらの検索と調査の事前検討が不十分ですと後で商標登録されず困ることになります。

出願した後で悩むのではなく、出願する前に悩んでほしい、というのが私からのお願いです。

ファーイースト国際特許事務所
弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247