登録商標

商標権の効力は似た範囲まで及ぶが

特許庁に商標登録の手続きをして、無事に商標権が得られたとします。

商標権は登録商標と同じ商標だけではなく、登録商標と類似する範囲に及びますから、登録商標と似たような商標を使用している者に対して商標の使用を止めるように請求することができます。

登録商標とは異なる要素を付けて使った場合には権利侵害になる場合が

ここで注意点があります。登録商標に類似する範囲まで商標権の効力が及ぶからといって、登録商標とは関係のないマークなどを登録商標と共に使用した場合には問題が生じる場合があります。

分かりやすい例でいいますと、例えば商標「あおぞら」について登録が認められた、とします。

この場合は商標「あおぞら」という文字列が登録商標になります。

この登録商標に勝手にドラえもんのキャラクターを付けて使用した場合には、登録商標の部分の使用は法律上は認められているけれども、ドラえもんのキャラクターの部分の使用まで法律で認められているわけではありません。

登録商標の使用といえども、登録商標と併用するものによっては権利侵害になる場合があります。

ドラえもんの場合には著作権の侵害や商標権の侵害の可能性があります。

「これくらいなら大丈夫だろう」と油断して他人の文字列を登録商標に追加して使用した場合、この追加した文字列に実は商標権が設定されていた、ということもあり得ます。

場合によっては他人の商標権の侵害になる場合がありますし、登録商標に類似する商標を不正に使用したとして商標登録が審判により取り消される場合もあります。

このため登録商標を使用する際には、改変して使用はせずにその登録商標そのものを使用するように注意してください。

また登録商標にない追加部分がある場合には、その部分が他人の権利を侵害していないか事前に調べておく必要があります。

ファーイースト国際特許事務所
所長弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247

ブランディング登録商標

くまモンのキャラクターが現在流行っていますね。くまモンの赤いほっぺが特徴でかわいいキャラクターに仕上がっています。

先日、うちでもくまモンのキャラクターの表示があるお菓子を買いました。同様のキャラクターの中では特にヒットしていると思います。

このくまモンは熊本県が管理するキャラクターですが、一定基準を満たす方に対して熊本県は無料で使用を許可しています。

この無料で使用を許可したことが引き金となってくまモンの商品表示などが促進され、数百億円にのぼる経済効果を上げているといいます。

熊本県が無料でくまモンの使用を許可しているといっても、勝手にくまモンを使ってよい、ということではありません。

くまモンの使用については利用規程が定められていますので、もしくまモンを使用するなら、熊本県に使用の申請をした上で許可を得て、実際に許可された範囲内でくまモンを使用することができます。

「無料で使用することができる」ということと、「勝手に使ってもよい」ということは全く別です。

似たような利用形態としては、例えば図書館で本を借りる場合があります。

図書館で本を無料で借りることはできますが、借りた本を一定期間内に定められた場所に返却しなければならない、借りた本を汚したり書き込みをしたりしてはいけない等の規定に従う必要があります。

図書館で借りた本を無断で処分すると警察沙汰になります。

これと同様です。

くまモンの場合は利用規程が細かく定められています。この利用規程に従わない場合にはくまモンを使用することができません。

仮に利用規程に従わずに勝手に使用した場合には、商標権の侵害、著作権の侵害等で訴えられることもあり得ます。

くまモンに限らずキャラクターの利用については利用規程が通常定められていますので、この利用規程を事前に確認しておくことが大切です。

ファーイースト国際特許事務所
所長弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247

ブランディング登録商標

美容院の店名も、もちろん商標登録の対象になります。商標権者になることができるのは実際に特許庁に対して商標登録の手続きを行った人です。

美容院の店名に特定の商標を最初に使用したとしても、特許庁に手続きをしなければ商標権者になることはできないのです。

このため美容院の店名について商標登録を済ませていないと、後から商標登録をした人が商標権者になることになります。そして後から登録を済ませた人から先に商標を使用していた人に対して美容院の店名を使用するな、という警告がくる場合があります。

美容院のお店が有名ではなく、それほど売上げが上がっていない場合には問題になることは少ないかも知れませんが、マスコミに取り上げられたり、新聞で紹介されたりして有名になってくると商標権に関連する問題に巻き込まれやすくなります。

美容院の場合は、コンビニなどの様に商品を売っているわけではありませんので、髪を整えるサービスを行っているとして、サービスの分野で商標登録を行います。

シャンプーやリンスなどを独自に販売されている場合には、商品の分野で商標登録を行います。

商品とサービス(役務)の商標権は別ですので、両方が必要ならそれぞれについて商標権の取得手続きを行います。

商品とサービスとどちらが大切か、といえば、もちろん美容院のサービスについての商標権です。このサービスについての商標権を他人に取られてしまうと、事実上、同様の店名での美容院のサービスを行うことができなくなりますからとても不利になります。

第三者からの妨害を避けるために、美容院については同じサービスの分野で商標登録の必要がないか検討を行うことが大切です。

ファーイースト国際特許事務所
所長弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247

ブランディング登録商標

コンテストや全国大会等のイベントのネーミングも商標登録により保護することができます。

イベントの名称やマークを商標登録により保護しておけば、他人が同じようなイベントの商標を使用することを防ぐことができます。

注意点としては、例えば音楽のコンサート等のイベントと、スポーツ関係のイベントは商標法上は別のものとして扱われるということです。ですので、実施するイベントの種類に応じて、権利が漏れないようにあなたが実施するイベントの内容を申請書類に指定役務を記載しておく必要があります。

また音楽のコンサートやスポーツ関係のイベントだけではなく、ダンスの競技会やロボット同士を競わせる大会等も商標登録で保護することができます。

またイベントの名称やマークを商標登録で保護したとしてもそれだけでは十分ではありません。

例えば、応援グッズとか、Tシャツとか、写真集は、イベントについての商標権では保護することができません。イベント会場で応援グッズ等を販売する場合には、商品を商標登録で保護しておく必要があります。

というのは、イベントは商標法上は役務(サービス)であるのに対し、応援グッズ等は商品であるので、役務と商品は別との扱いを受けるからです。

商標登録の場合は、特許庁に願書を提出した後は、申請書類に記載する商品や役務を追加できない点に特に注意して下さい。

最初の出願で申請しなかった商品や役務については、別の出願で新たに出し直せば商標権を取得することはできますので権利を補強することは可能です。

ですが、最初の出願に商品や役務を記載しておけば一回の手続きで商標権を取得できたのに、最初の申請の際に商品や役務の記載漏れがあれば、二回の手続きが必要になり、二倍の費用を特許庁に支払うことになってしまいます。

ですので、弁理士とよく相談した上で商標権の権利申請漏れが生じないように注意しましょう。

ファーイースト国際特許事務所
所長弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247

ブランディング登録商標

最初は一店舗で業務を行っていたけれども売れ行きが好調で多店舗展開を考える時がくると思います。

登録商標は自分で使用するだけではなく、他人にライセンスして使用させることもできます。

直営店の展開ではなく、商標登録により得られた商標権を第三者にライセンスする規模にまでなったのであれば、ライセンスの根拠として商標登録を済ませておく必要があります。

たとえばラーメン店のフランチャイズ展開をするのであれば、ラーメンの提供サービスについて商標登録を済ませておきます。この際にカバーする区分は、第43類の飲食業の提供です。

またフランチャイズの業務は第35類でカバーできますのでこちら側の商標登録も検討します。第43類についての権利は本業業務であり、第35類についての権利は本社の管理業務と理解して頂ければよいと思います。

フランチャイズする場合には、本業についての権利と、本社の管理業務の権利との二つについて商標登録を済ませておく必要がある、と覚えておいてください。

どちらが重要かというと、もちろん本業についての商標権です。本業の権利について他人に商標登録をされてしまうとフランチャイズ展開どころではなくなるからです。

他人に商標登録されてしまっている商標で業務展開をすれば損害賠償請求などで後で大きな損をしてしまうからです。

まずは自分の業務について商標権をしっかり確保しておくことを忘れないようにしましょう。

ファーイースト国際特許事務所
所長弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247