氷結の立体商標登録は画期的

キリンのチューハイ「氷結」に使われている缶が、この度、立体商標としてめでたく登録されました。文字や記号等の識別要素のある立体商標の登録は難しくありませんが、文字や記号等の識別要素が存在しない立体商標の登録は非常に難しく、簡単には審査に合格できません。そこで今回は、この「氷結」に関わる商標についてご紹介したいと思います。

画期的な氷結立体商標登録

ファーイースト国際特許事務所の弁理士・弁護士

1.立体商標の登録内容はコチラ

缶チューハイの代表格ともいえる「氷結」ですが、この氷結の容器のみの立体商標が今年の3月に特許庁で登録されました。

立体の形状も商標登録の対象になりますが、今回の氷結の立体商標は通常の立体商標とは様子が異なります。というのは、次の画像のような立体商標の登録は、商標の中でも特別に登録が難しいからです。

氷結の立体商標登録例1
氷結の立体商標登録例2
特許庁の商標公報より引用

  • 商標登録第6127292号
  • 権利者:キリン株式会社
  • 出願日:2015年1月15日
  • 登録日:2019年3月8日
  • 指定商品:
    第33類「缶入り酎ハイ」

上の画像を見ていただければお分かりの通り、今回登録された立体商標には、文字やマークは表示されておりません。

商標とは「商いの目印」であり、たくさんある同業他社の商品やサービスから自分たちのものをお客さまに見つけてもらうためのツールです。

そのため、文字やマークなしの容器では「目印」と認識してもらいにくく、商標登録はなかなかハードルが高いのです。

しかし、「氷結」は2001年7月の販売スタートからずーっとこの缶を使っていることから、文字やマークがなくても消費者が見つけられると判断されたのでしょう。

ただ、本件についても、拒絶査定不服審判を経て登録されていますので、商標登録までの道のりは楽ではなかったと思います。

2.この缶には名前があります

なおこの缶には「ダイヤカット缶」という名前があります。
そして「ダイヤカット」も「酎ハイ」等の商標として登録されていますよ。

ダイヤカット

  • 商標登録第5623785号
  • 権利者:キリン株式会社
  • 出願日:2013年6月10日
  • 登録日:2013年10月18日
  • 指定商品:
    第33類「日本酒,洋酒,果実酒,酎ハイ,カクテル,麦芽又は麦を使用したビール風味のリキュール,麦芽又は麦を使用しないビール風味のアルコール飲料,中国酒,薬味酒」

3.ただの模様ではありません

お酒が好きな方はご存知のことと思いますが、「氷結」に使われている「ダイヤカット缶」といえば、缶を開けると膨らむ、表面のダイヤ形の凹凸が特徴です。

このダイヤ形の凹凸には「ミウラ折り」という折り方の技術が生かされています。

「ミウラ折り」とは東京大学名誉教授の三浦公亮先生が考案した折りの技術で、紙以外にも様々な分野で使われています。

これにより、見た目の爽やかさだけでなく、強度を上げることもできるのです。
ダイヤ形の凹凸、おそるべし。

なお「ミウラ折り」に関する商標もいくつか登録されています。
そのうちの一つをご紹介。

ミウラ折りの登録商標
特許庁の商標公報より引用

  • 商標登録第5412399号
  • 権利者:株式会社miura―ori lab 外2
  • 出願日:2009年4月24日
  • 登録日:2011年5月20日
  • 指定商品:
    第6類「非鉄金属及びその合金,アルミニウム粗製品」
    第9類「アンテナ,光電効果又は光起電力効果を使用する太陽電池パネル」
    第11類「電球類及び照明用器具」
    第12類「タイヤ」
    第16類「カタログ,カレンダー,図鑑,雑誌,新聞,地図,ニューズレター,パンフレット,名刺用紙,紙製包装用容器」
    第17類「プラスチック基礎製品,耐圧ホース」
    第20類「プラスチック製包装用容器」

<参照>
キリンホールディングス株式会社 ニュースリリース
https://www.kirin.co.jp/company/news/2019/0221_06.html

ミウラ折り公式
https://miuraori.biz/

4.まとめ

ひとつの缶にたくさんの思いや工夫が詰まっているのですね。今度お店で「氷結」を見かけたときにでも思い出していただけると幸いです。

なお「氷結」も登録商標ですので、お忘れなく。

それではまた。

ファーイースト国際特許事務所
弁理士 杉本 明子

よく読まれている記事

議論に参加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です