東京オリンピックのエンブレム問題についてTBSラジオ「デイ・キャッチ」で生出演解説

東京オリンピックのエンブレム問題についてTBSラジオ「デイ・キャッチ」で生出演解説

昨日の2015年7月30日(木)15:30からのTBSラジオ「デイ・キャッチ」の「東京オリンピックのエンブレム問題」に生出演して解説しました。

このラジオニュースはオープニングニュースで取り上げられました。

現在東京オリンピックのエンブレムであるロゴマークがベルギーのオリビエ・ドビ氏のリエージュ劇場のロゴマークに似ている点が問題になっています。

さらに東京オリンピックのエンブレムの色の使い方がスペインのバルセロナのデザイナー事務所「ヘイ・スタジオ」の東日本大震災復興用のロゴデザインの配色に似ている問題も浮上しています。

TBSラジオの番組デイキャッチでは、安東アナウンサーから生放送でこれらの点は問題がないか、国際的な商標登録の専門家として意見を求められました。

1)東京五輪のエンブレムの配色がスペイン事務所のロゴの配色と似ている点はどうか

まず色彩自体の扱いですが、どの色彩を使うか、またどの色彩の組み合わせを使うかはデザイナーが原則として制限なく選択することができます。

ですのでどの色を使ってはダメである、という制限は原則としてはないです。

例外として日本国内で特定企業等が使用した結果、特定の企業を思い出すことができる程度にまで有名になった色彩についての使用は、日本国内では法律的に保護されることはあります。

日本で色彩を使えるかどうかは、他人の色彩の使用を制限できるほど「日本で」有名になっているかどうかが争点になります。

今回のケースでは色彩のみに基づいて日本の東京五輪のエンブレムの使用を差し止めるのは難しいです。

2)東京五輪のエンブレムがベルギーのドビ氏のロゴと似ている点はどうか

この点は専門家によっても意見が分かれると思います。
現在オリンピックの東京組織委員会は国際商標登録を手続きしている最中との話ですが、商標登録の制度では「各国ごとに」審査が実施されます。

つまり、国際商標登録の手続きをすれば自動的に全世界で権利が発生するわけではない、という点が重要です。

仮にベルギーのドビ氏がベルギー国内で商標権を保有していたとしても、その権利の効力は日本にはおよばないです。

また東京五輪のエンブレムがベルギーのドビ氏のロゴと似ているかどうかは、

イ)外観:見た目が似ているかどうか
ロ)称呼:口ずさんだときの音感が似ているかどうか
ハ)観念:意味が似ているかどうか

の三要素により判断されます。

東京組織委員会が国際商標登録の手続きをしているのであれば、今後各国で審査が実施され、それぞれの国において問題点が審理されることになります。

日本国の商標登録の審査においては、東京五輪のエンブレムが他の登録商標と似ていないかどうか等が調べられます。

また日本国において商標権が取られていないものであっても外国で有名なものを日本で横取りするような出願も特許庁の審査に合格することができません。

これらの要素を総合的に判断して東京五輪のエンブレムを商標登録してもよいかどうかが今後今後各国の特許庁で争われることになります。

他人の商標と誤認混同してしまうかどうかが判断のポイントであり、全体として他人のものと間違える程度に近似していないのであれば、問題はない、という結論がでることになります。

ファーイースト国際特許事務所
所長弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247

よく読まれている記事

議論に参加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です